« 対岸の火事、でも他人事ではない・・・ | トップページ | あさっての方向 第8話 »

2006年12月 8日 (金)

Kanon 第10話

 真琴編、終わりました。
 残念ながら化けませんでした。

003004
 

   

 第10話 「丘の上の鎮魂歌」
003005

 オレって実は感受性が豊かなんです。(え
 小学生の時、国語の「ごんぎつね」で泣き、「かわいそうなぞう」で泣いた。
 「フランダースの犬」を読んで泣き、「ニューシネマパラダイス」を見て泣き、アニメ「AIR」を見て泣いた。
 マイメロの感動回でもホロリと来ます。

 でも・・・
 「 Kanon 」は結局一回も泣けませんでした。 

 だが原作組の感想を読んでると「目が潤んだ」とか、「次は号泣必至」とかいうのを目にする。
 温度差を感じるな~
 思うに、このアニメは原作を知らないと楽しめない作りになっているような気がする。

 例えば真琴がウエディングドレスを眺めているシーン、
 オレはただ単に、「ドレスが綺麗から見ている、若しくは憧れだから見ている」と思っていた。
 しかし他のブログさんの記事を読むと、このシーンで泣いている。

 原作組はこの時点で、
 真琴が”ウエディングドレスを見つめる”ことに、どういう意味があるのか知ってるから泣けるわけだ。

 しかし原作を知らないオレには、この時点(8話)で全く分からない。
 この場面はオルゴール調の曲が掛かっていたが、さらに肉まんを食べたり、プリクラの機械を見たりなど、他のシーンも流れてたので、それが伏線ということにさえ気が付かなかった。

 原作組はこのシーンに満足して盛り上がっただろうし、作った京アニスタッフもこれで良いと判断しているんだろう。
 しかし未プレイ組のオレは、ボーっと眺めてるだけで話が終わってしまう。

 何が面白いのか分からないまま・・・
 

 はっきり言うと全体的にメリハリがないんだよ~
 たしかに「肉まん」も「プリクラ」も真琴にとっては重要なキーワード。
 しかし一番重要なのはウエディングドレス。

 原作に忠実に作っているのかもしれないけど、知らない人間にとっては重要な場面を強調してくれる方が印象に残る。
 取捨選択をしないで全部詰め込んだから、全体として印象が薄い作品になってしまったんじゃないだろうか。

 もちろん切り落とされた部分に我慢がならない人もいると思う。
 しかし根幹がぶれてなかったら少しぐらいいじってもいいのでは?

 それに京アニは原作以上にいい作品に仕上げる力がある。
 原作もコミクスもつまらないハルヒをあそこまで面白い作品に仕上げたんだから!

 他ではフルメタTSR。
 オレは第13話の最後の10分を録画失敗した。
 で、そのときは「鬱状態からたった10分でたいした展開にはならないだろう、もういいや。」と思い込んでいた。
 が・・・

 1ヵ月後、友達に見せてもらってメチャ感動した!
 たった10分でかなめと再会し、敵を倒し、情報部と話をつけ、テッサとも仲直りし、そして美しいラストシーン。
 でも急いで詰め込んだ感じが全くしなかった。
 
 そしてAIRは神!京アニえらい!
 あっ、オレは別に京アニ信者じゃないので、これ以上褒めるのは止めとこう。


 と、いう風に1クールものならそれが出来てたんだけどな~ 
 2クールの Kanon では間延びした話になってしまった。
 この内容なら4話もあれば十分。
 過ぎたるは及ばざるが如し。

 今の時点の評価は10段階で6。
 作画が綺麗ということで点を高めにつけてますが、話自体は退屈でした。
 切るつもりはないけど、期待がでかかっただけにがっかりしている。
 
 もう少しがんばって欲しいな。 
 
 

|

« 対岸の火事、でも他人事ではない・・・ | トップページ | あさっての方向 第8話 »

コメント

こんばんは。
いつもTBでお世話になっております。

申し訳ありませんが、間違ったTBを送ってしまいました。
お手数ですが、削除をお願い致します。

投稿: 丘啓@二次元空間 | 2006年12月 8日 (金) 23時55分

 どうもこんばんはです。なかなか辛口派の意見は聞けないので参考になります。

>国語の「ごんぎつね」で泣き、「かわいそうなぞう」で泣いた。

 泣きますね、アレは…特にオトナになってから読んでみると、
 人間やってる意味を問われるくらい切ないですよね。

>思うに、このアニメは原作を知らないと楽しめない作りになっているような気がする。

 多分にその性質は持っているでしょうね。特に状況説明が不足しているシーンは、
 原作経験者だけが『あ、あそこのシーンが映像化されてる!』って満足してしまうんでしょうし。

投稿: サトシアキラ | 2006年12月 8日 (金) 23時56分

丘啓さん ご機嫌うるわしゅう☆
こちらこそいつもお世話になっております~


>お手数ですが、削除をお願い致します。

わざわざ連絡ありがとうございます♪
えーっと・・・ギアスのTBですね。

せっかくもらったことだし、このまま放置ですw (  ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: 鷹2号 | 2006年12月 9日 (土) 00時45分

サトシアキラさん ご機嫌うるわしゅう☆

いつもは超甘口なんですけど、期待がでかかった分だけ、裏切られた時は辛口ですw
でも本当に面白く感じないんです。

頭で、「ここは泣くシーンだろうな」と分かるんですが、心が反応しません。
何かが違うんですよ~

「ごんぎつね」や「かわいそうなぞう」はやっぱ泣きますよね~
授業中に読んでいて半泣きになりましたもん!
今読んだら・・・いったいどうなるんだろう?
泣くかな・・・?


>原作経験者だけが『あ、あそこのシーンが映像化されてる!』って満足してしまうんでしょうし。

あっ、やっぱりそういうもんですよね~
私もアニメ見るときはたいてい原作知らないのですが、たまに知ってるとき(例 ARIAやまほらば)はすごく意識します。
気に入ってるシーンが映れば嬉しいし、削られればブーブー言ってます。
そして今回のKanon はまともに置いてけぼりを食らいましたw

投稿: 鷹2号 | 2006年12月 9日 (土) 00時58分

こんばんは。
やった、辛口派の方がいらっしゃった。何かそれだけでうれしいですw
私も最初、ブログの感想相当辛口でした。結局甘めに書き換えましたけど。
私も原作知らないので、かなり皆さんとは温度差を感じました。
何で皆さんが泣いているのかさっぱり分からなかったです。今回はちょっとうるっときましたけど……でもそれも、祐一の声があまりにも震えているからそれにつられて、みたいな感じでしたし。もらい泣きみたいな。
kanon、期待してたんですけどねー、ちょっとしょんぼりしてしまいました。
原作知らない方にももう少し分かりやすくしてくださるとよかったですよね。

投稿: isamu | 2006年12月 9日 (土) 02時06分

KANONの真琴シナリオ、あまり感動は得られなかったみたいで…実は私もなんですが(ぉ

あー、ゲーム版は真琴シナリオで泣かせて頂きましたよ。
でも、京アニ版は駄目だった。それは何故か?
考えてみたら簡単な事でした。

KEY信者の評価で、KANON > AIR な
人間が多いのは、AIRだと観鈴以外の2名のシナリオが
もう……本当に「薄い」んです。美凪とみちるの破壊力のあるエンディングとかは健在なんですが、そこに至るまでの過程が長すぎる。10時間あったとして、そのうち1時間くらいしか物語らしい物語もないまま、ただダラダラと日常が描かれます。
京アニAIRは、この余計な部分にメスを入れ、重要な部分のみをピックアップしてきました。これが大成功でした。シェイプアップを図ったことで、よりテーマが明確になり、圧縮具合はひぐらしの比ではないにも関わらず、劣化するどころか完全に原作を超えた完成度になりました。(結果、アニメファンにも受け入れられた)
逆に、今回のKANONは原作のダルい部分までほぼ再現しようと努力しているため、前半のダルさまで再現しています。(メリハリがない、退屈)
この部分が、原作ファンが喜ぶ仕様か、アニメファンが喜ぶ仕様かを完全に分けてしまった部分だと思います。
原作ファンんは大満足の内容でも、アニメファンむけに作るのであれば、AIRと同様に超圧縮し、真琴シナリオは半分の短さでよかったと思います。
(これは内容が薄いから圧縮すべきって考えであって、圧縮することすら許されないほど本編の内容の密度が濃いひぐらしで同様の事をすると破綻します)
まー、ヒロインはあと4人いますから、鷹2号さんが気に入るのもいるかも知れません(無責任な…
ただ! これだけは言わせて貰う!(←何様っ!?
ゴミアニメと化したひぐらしと比べたら、京アニKANONなんて、神アニメですよ、神!
ぜ、全然羨ましくなんてないんだからね!(ツンデレ

投稿: とおりすがり | 2006年12月 9日 (土) 07時35分

どうもです~~。

私はそもそも「真琴が狐でもうすぐ死んでしまう」という定義自体が受け入れられなかったので、感動もクソも無かったですね。
天野に語らせただけで、視聴者がそう信じるにたる状況設定が何一つなされていない状態で話が進んでいましたから。

これは京アニが悪い訳ではなく、原作がそうなので仕方ないのでしょう。
オリジナルで作れないこともないでしょうが、そうなると信者から文句が出そうですし、私もしない方が良いと思うのでこれはこれで「駄目な話」として受け入れるしかないんじゃないかと。

いや~~、「泣いた」という感想しか見ないので、こうして同じ様に「訳が分からん」と書いておられる方がいて安心しました(笑)

投稿: シバッチ | 2006年12月 9日 (土) 12時46分

isamuさん ご機嫌うるわしゅう~☆

やー、実は私も書き直したんですよw
初めはもっと過激だったw

理由は10話まで我慢したのに面白くなかったからです。
書き直したのは、見ておいてつまらんつまらん言うのも変ですし(それならさっさと切れという理屈)、京アニが作ったんじゃなければこれはこれで普通のアニメとして見れたかなと思ったからです。
京アニには大きく期待してしまうので~

でも逆に言えば京アニじゃなかったらもう切っていたかも。


>何で皆さんが泣いているのかさっぱり分からなかったです。

これ、ホントにそうですよね・・・
今まで見たけど涙腺がまったく緩まないんですよ・・
自分が変なんじゃないかと思ったぐらいです。

あえて良いところを選ぶなら、私は9話の真琴が「春が来て、また春になればいいのに~」という言葉が良かったです。
ここだけは何かが伝わってきました。

>原作知らない方にももう少し分かりやすくしてくださるとよかったですよね。

本当にそうですよ。
つか、原作知らないと見れないアニメは失敗作だと思います。
とくに私は原作を買う参考にするPVを見ているわけではないですから。

・・・毒を吐きまくってしまった。すいません。

投稿: 鷹2号 | 2006年12月 9日 (土) 18時07分

とおりすがりさん ご機嫌うるわしゅう~☆

原作プレイ組でアニメがつまらん言う人キタワ━━━━━━━━!!!!!!

とおりすがりさんのおっしゃるとおり、退屈な日常シーンが延々と続いたのはこたえました。
いえ、なんとなくはおもしろいんです。
でもギャグアニメを見ているわけではないので、3ボケされてもねえ・・・

日常シーン(起承転結のうちの”承”の部分)が延々続くからだれるし、しかもドーンと”転”の部分が来ないから、物語が平坦になって境目が分からなくなる。
なにも大きなことが起きなかったような錯覚に陥ります。

その点、AIRは良かったです。
話の繋がりが良く、超展開に感じなかったし、何もかも上手く行った例ですねw
京アニ1クールなら上手いのにな~

他のブログさんがカノソ始まる前に、「京アニだけど2クールで不安」と書いてるとこありましたが、今回それが見事に的中です。
・・・削ったら時間が余るので、しゃーなく全部入れたのかな~?

私的には、とおりすがりさんの言うように、
「シェイプアップを図ったことで、よりテーマが明確になり」
という風に分かりやすくして欲しかったです。
私はどっちかと言うと頭で見ずに、感覚でみるとこありますが、それでも分かりやすいに越したことありませんからw
もちろん、テーマが分かりやすいほうがダイレクトに心に伝わりますし。


カノソの場合、最初の方はただのキャラ紹介と思ってましたが、あゆはしょっちゅう顔だすわ、他のキャラともフラグ立てるわで、何が言いたいのか分かりません。
まあえ○ゲらしいと言えば、え○ゲらしいですけどw


>まー、ヒロインはあと4人いますから、鷹2号さんが気に入るのもいるかも知れません(無責任な…

アニメファンのあちきには今回の真琴編はダメダメでしたが、名雪さん編あたりを期待ですw
・・・主に顔が好きだから。

もっと言えば、佐祐理さんの笑顔が好きなんですが、公式のキャラ紹介見たら場所的にヒロインぽくないよ~!


>ぜ、全然羨ましくなんてないんだからね!(ツンデレ

真面目なコメントのラストでツンデレ!
噴いたでありますw

                     ヽ
               -―――- 、    }
         /          丶__ノ
        /             ヽ
       / /  .::{  ヘ   ヽ 丶    ',
      ,イ"/ //:::::|  ヾ  、:::..ヽ: ハ    l
     〃l:::l l::ト、:∧  ! \,ヽィ:l :: ハ:  |
.      {! |:::l |::N.\ハ: lメ´_ヽ\! ::::::!   |
        |:::lヘl:∧代ヽ\|!イ才丁ル、:::|  |
      ヽリヽ ハ V;j   V_;ソ /::∧|  |  
          Y:ゝ"  _  " /::/ ´:| !::l  
          !:::::{ >`.'_, .ィ≠‐┐:::l:: l!:|
          ,ゝ;枡#で ::::/ヽヽ  ヾリ:: l!:|
          {;;#(7^ヽヘ/  ヽ L_」::: l!:|
          ゝ_;>く 〃  /`  ̄¨l::: l!:|
             ヽr-イ     |::::.l!:|
 ー―‐ァ-‐――-r‐ ー‐| ::入____j:::: l!:|ー―‐ヘ⌒ゝ-――
       rー-、______,K′ ̄ ̄ 代:::..ヾヽ
       \__,、___ヽ_\   | _ゝ ::..\ー- _
     。’            `ー一′  ヽ、::_二ニ==-、
                ゚<)、o.         つ::)

お返しなのよw
ココログはAAを上手いこと貼れないのよ・・・○| ̄|_

投稿: 鷹2号 | 2006年12月 9日 (土) 18時46分

シバッチさん ご機嫌うるわしゅうです☆

>私はそもそも「真琴が狐でもうすぐ死んでしまう」という定義自体が受け入れられなかったので、感動もクソも無かったですね。

Σ( ̄□ ̄|||)あーーーーーーー!
私が記事で書くのを遠慮したことをはっきりとーーー!

・・・実はね、私もそうなんですよ。
「真琴は昔飼っていたきつねなんだ!」
と、言われてもポカーンでした。
もちろん受け付けませんし。

でもアニメでそれ言ったらみもふたもないので・・・
私の今期NO.1のあさっての方向も子供が大人になって、大人が子供になるという超設定なので、結局きつね設定は気にしないことにしました~


>オリジナルで作れないこともないでしょうが

オリジナルというより、内容の一部を削って欲しかったんですよ。
あの内容で10話かけるのは長すぎます。
私は日常を丁寧に描くアニメは好きですが、さすがにカノソはやり過ぎだと思いました。
いや、丁寧というより同じことの繰り返しに感じたからかな。

まあハルヒみたく、いじらない限り面白くならないものはオリジナル大歓迎ですw

>いや~~、「泣いた」という感想しか見ないので、こうして同じ様に「訳が分からん」と書いておられる方がいて安心しました(笑)

こちらこそ、孤独を感じてましたので嬉しかったですよw
自分の好きなこと書いてますが、時々見当違いの事書いてるんじゃないかと気になりますしねw

まあ、かなり私は好きなアニメが特殊ですけど~

投稿: 鷹2号 | 2006年12月 9日 (土) 19時14分

もともと原作でも真琴シナリオは、真琴の行動や、設定やで、好き嫌いがかなり分かれてたシナリオでもありますからね。
自分も、狐設定はちょっと無理があるだろーと思って、原作ではウルっと来たものの、絶賛、大感動とまではいきませんでしたし。

尚且つ、泣き、感動になりすぎないように、抑え目の演出に終始したこともマイナスになっているのは間違いないでしょう。

監督がインタビューで言ってたことですが、1クールが終わって、キャラとどういうストーリーなのかがわかりだした頃からが一番面白い、というのがありました。

この言葉通りなら、これからメリハリをつけていくのか? とは期待してはいます。

投稿: 原作プレイヤー | 2006年12月11日 (月) 08時59分

原作プレイヤーさん ご機嫌うるわしゅう~☆
レスが遅くなってすいません。m(_ _)m

>もともと原作でも真琴シナリオは、真琴の行動や、設定やで、好き嫌いがかなり分かれてたシナリオでもありますからね。


私の場合

真琴の行動 → 嫌い
真琴の設定 → 受け付けない

・・・あっ、初めからダメだったんだ・・・

人に迷惑かけるキャラは嫌いなので、真琴が夜中に騒いだり、風呂を味噌汁にしたりするのを見て引きました。
設定は言わずもがな、キツネなんで( ゚д゚)ポカーンですし・・・

とうとつにキツネが人に化けて目の前に現れたと言われても、シバッチさんのコメでもあるように説得力ある状況設定がないと感情移入できません。

でも9話の真琴はちょい親近感を覚えました~
・・・デレたからかな?(笑


>尚且つ、泣き、感動になりすぎないように、抑え目の演出に終始したこともマイナスになっているのは間違いないでしょう。

他のブログさんのコメント欄でも話題になってたんでいちおう知ってたんですが、「泣き演出抑えたってのホント?」と疑ってしまいます。
なんか上手く出来なかったことの言い訳っぽく聞こえてるんですよ。

(アニメの中の)好きな人の死ではないので、それに比べて抑えたってことでしょうか?
確かに毎回毎回おお泣きしてたら、どれが本当の想いか分からなくなりますね。


>監督がインタビューで言ってたことですが、1クールが終わって、キャラとどういうストーリーなのかがわかりだした頃からが一番面白い、というのがありました。

・・・監督を信じて頑張ります。
ホントは今にも切っちゃいそうです・・・
でも石原監督、マコピー編は前座ってことですか!
それヒドス (つд`)・゚・


投稿: 鷹2号 | 2006年12月13日 (水) 01時58分

この記事へのコメントは終了しました。

« 対岸の火事、でも他人事ではない・・・ | トップページ | あさっての方向 第8話 »