« かりん 第17話 | トップページ | BLOOD+ 第23話 »

2006年3月18日 (土)

南極物語視聴中・・・

 越冬隊が犬を放棄して南極から撤退。

 今現在・・・・ ペス、モク達数頭が力尽きる・・・ ○| ̄|_
 
 デリーが最後の脱出。
 ご飯を見つけて生き残るのだ!

 22:27 ギャー! 一頭氷の裂け目に挟まれた!
 デリーだよ・・・orz
 
 ゴロも死亡・・・orz

 22:33 アンコとシロでほのぼの♪

 22:36 オーロラが綺麗
 ありゃ、ジャックがトチ狂ったーー!

 22:45 健さんカッチョイイ! 漢だ・・・
 なんて漢らしい・・
 子供にリキを返せと責められる。 ウウ、カナシス・・

 22:57 シロが落ちた・・・死亡 orz

 23:02 今現在リキ、アンコ、タロウ、ジロウの4頭のみ。
 少ない・・ そんなに減ったのか・・○| ̄|_ 

 23:05 ちょwww シャチがいるよwww!
 え、リキ・・・ もしかして・・・ 
 ギャーー! 血だらけだー! 痛すぎ・・ そして死亡。orz

 アンコは流氷に乗って流される・・・

 23:28 クマが帰ってきた!

 南極に健さんが戻ってくる。
 氷漬けの犬の死体が・・・ ○| ̄|_

 23:40 2頭の犬がうなってる。タロウとジロウだ!
 やっぱり恨んでいるのか・・

 健さんが2頭を呼ぶと・・・走ってきた!
 ううっ、よく生き残ったな・・・ (つд`)・゚・
 
 つながれたまま死んだのが7頭もいたのか・・・
 脱出して死んだのが6頭
 生き残ったのが2頭

 過酷な環境で生き残ったタロウとジロウ。
 その後幸せに生きたのならいいな。

|

« かりん 第17話 | トップページ | BLOOD+ 第23話 »

コメント

「たかが犬を救いに行く映画の どこが そんなに面白いのかね?」と軽くあしらったのは 当時の ハリウッド関係者の発言。
ところが この映画のテーマ曲は アカデミー賞作品の「炎のランナー」のヴァンゲリス作です。
アジア人的感覚の映画なのか こーゆーのは アメリカ人には理解できないらしい。。。。?

投稿: 飛鳥 | 2006年3月19日 (日) 10時42分

 飛鳥さん ご機嫌麗しゅう~♪

 南極物語は私が始めてみた映画なんですよ。
 大人気で立ち見でした。でも面白かった~!

 >「たかが犬を救いに行く映画の どこが そんなに面白いのかね?」と軽くあしらったのは 当時の ハリウッド関係者の発言。

 まだハリウッドがネタ切れ起こす前の発言だと思いますが、ちゃっかりリメークしてますね(笑)

 音楽が炎のランナーの人ですか!
 あ~、なんかメロディや雰囲気が似てますね~!

 >アジア人的感覚の映画なのか こーゆーのは アメリカ人には理解できないらしい。。。。?

 アメリカ人は爆破シーンとか大味な映画が好きなのかな~
 

投稿: 鷹2号 | 2006年3月20日 (月) 03時38分

この記事へのコメントは終了しました。

« かりん 第17話 | トップページ | BLOOD+ 第23話 »