« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月30日 (日)

今日からマ王 第65話

 眞王廟にお使いに行ったドリア達。しかしその時からサングリアの様子がおかしくなる。心配になった有利が様子を見に行くと・・・確かにおかしくなっていた。ダカスコスがちょっぴり生えた青ジョリで、自分の事をジョリジョリするつもりと思い込んでいる。更にドリアとラザニアが3人の中で一番かわいい自分の事を妬んでいると思ってる。てなワケで被害妄想気味。ギーゼラの診察を受けないサングリアだが、村田には検討がついていた。マカディラ山の瘴気にやられたらしい。瘴気にやられた者は人を信じることが出来なくなる。直すにはマカディラ山にしか生えてないミナディアの葉を使うしかない。そこで有利、コンラッド、ヴォルフラム、ヨザックの4人でミナディアの葉を取りに行くことになる。
 有利とヴォルフラム、またクマミミ帽子かぶってるし。そろそろグレタに譲れその帽子!
 マカディラ山が見えた頃、馬に逃げられる。ヨザックだけが荷物を降ろしていた。腹ごしらえしようと荷物を開けると・・・入っていたのは食料ではなくトキメキの舞踏会使用のドレス。ヨザックにはメイド服の方が・・じゃなかった、なんで雪山にドレスだ!山をなめてるよコイツラ!
 疑心暗鬼になったヴォルフラムは2手に分かれての行動を提案。さらに有利まで疑いだす。ヴォルフラム、愛の為に死ぬであろう自分に酔いまくり! 気の毒だが隔離しないと・・・
 ミナディアの葉を見つけたコンラッド達もお互いを信じられず闘いを始める。だが雪崩が起きコンラッドが崖から落ちそうになった時、ヨザックはコンラッドの手を掴む。男の友情~
 いよいよピンチになった時、魔王降臨。今日の魔王陛下は電波入ってるよ。まあ魔王のお陰で全員無事、一件落着。で終わった後、村田が到着、役にたたね~。モルギフ顔のマスクで瘴気を受けないと涼しい顔で言う。有利、ど疲れさん!

 ついにサングリアの顔と名前が一致した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おねがいマイメロディ 第31話

バク君、柊家88箇所トイレ巡礼継続中。トイレ掃除終わらないゾナ~
 一生懸命働いているバクに対してクロミはサボりまくり。文句を言うバク君を殴って更に言葉で辱めて?いる時、柊がクロミの尻尾を踏みつける。クロミ気絶・・・今、俺の中でドラえもんや吾飯が走馬灯(マズイか!)のように駆け巡ったんですけど・・・ これをヒントに柊、マイメロの弱点探しを考える。抜け目がない奴。
 一方、夢野家ではゲームをしてテレビの前から離れないマイメロの耳を、歌が掃除機で引っ張り気絶させる。なんてタイムリーな・・・ 更に柊からデートの誘いの電話が。柊、歌が叫ぶのを考慮して事前に受話部分を耳から離している。何をやらせても完璧だな。ちなみに迎えの車のナンバープレートは「MOTE×2」 以外にバカだ。
 まずは遊園地。歌は全てのアトラクションで期待通りの反応しているが、柊はノーリアクション。アンタ怖いんですけど。更に「はるのすけの動くアホ御殿」とかいうパクリ映画を鑑賞。
 そして最後は貸切のレストランでランチ。柊は歌のお母さんの曲をバイオリンで弾き歌の心を揺さぶる。
一方クロミは小池さん(ベンゾウさんでも可)みたいな食い方でラーメンを食べて歌を観察。気に入らないクロミは、バク君を殴って鬱憤を晴らしている。ひどいゾナ~
 場違いな客がレストランに来た頃、柊はさり気にマイメロの弱点を歌に尋ねる。もちろん歌は速攻で暴露。はやっ!前フリなしかよ!
 時価のレストラン(すし屋か!)で食事をしてしまった男は気が弱い奴だった。NOと言える人間になりたいと呟いた時クロミ参上。悪夢魔法でNOマンに変身。人々を気絶させてNOマンを増やしていく。そこにマイメロ登場。メロディマークを貼る物がないので、フラット君が自分から気絶。メロディマークを貼られたフラット君は江戸っ子に変身。しかし弱かった。マイメロが「もーっとおねがい」を言おうとした時クロミとバクが耳を引っ張る。マイメロ、シオシオになって敗北。なんかこのアニメ勝ち負けのバランスがいいな。
 
 NOと言えるようになった気の弱かった男、せっかく告られたのに・・・

| | コメント (0) | トラックバック (13)

BLOOD+ 第4話

 宣伝明けBパート、テロップが入る。ジシンキライ・・・
 とりあえずジョージは助かったけど、カイはコルトを持ち出して殺る気マンマン。子供の手が届く場所に銃を置いてはいけません!病院では落ち込む小夜にジュリアが優しく声を掛ける。いつも親切なジュリアさん、と思っていたら、お前も「赤い盾」かよ!まあ外人の医者だから違和感はあったけど。
 夜の街でカイを探す小夜とリク。そこで小夜の変な能力発動。耳が以上に良く聞こえるみたい。あれっ、リクも聞こえるのかよ。カイだけ仲間はずれ。 一番ヤル気なのにカワイソな奴。
 小夜や赤い盾だけではなくアルジャーノも動いていた。被害者が生きていると聞いてうれしそう。セクシーな声で『梅味』 ホモっすか、あんた?
 さらに真央も動いていた。カイに頼まれてフォレストを探しているらしい。お父さん?に電話を掛けてオ・ネ・ガ・イ。 真央は運転手?付きの車でカイを探す手伝いをしてくれる。以外にいい奴・・・姉御~ 
 カイ、フォレストを見つける。フォレストなんか吸ってるし・・・ 銃を撃つがまったくダメージを与えられない。ルパン3世も使った水銀弾にしとけ。吸血鬼ぐらい楽勝だぞ。
 別の場所でハジ登場。小夜に、「ハジとお呼び下さい。そして命じて下さい」。下僕ですか、アンタ? ハジがMなんてショックなんすけど・・・ 小夜はハジの血によって目の辺りだけ変身。マウスを殺しに飛んでいく。
 一方ピンチのカイ。しかしフォレストは何かに気付いてラマーズ法呼吸を始める。ここで小夜とハジ参上。ハジ強いよハジ!でも小夜の血を含んだ刀で切りつけることでしかマウスを殺せないのか。厄介だな。 カイは今回も役に立てずへこむ。
 
 ジョージ、米軍に拉致される。実験に使われた挙句、取引に使われそう。かわいそうなジョージ・・・  

| | トラックバック (24)

2005年10月29日 (土)

SHUFFLE! 第15話

 プリムラを迎えに魔界に到着した稟達。しかし研究所の前で神王と魔王が立ち塞がる。それにしても初めて王様らしい格好をしたな、このおっさん達!特に神王は今までヨゴレなおっさんにしか見えなかった。
 通さないと思いきや以外にあっさり通してくれる。楓のお願い効果か?楓がお願いしたら大抵の男は要求を飲んでしまう。神王と魔王は更に親バカだし。
 ポッドの中で眠り続けているプリムラは稟と楓の呼びかけに反応。しかしプリムラの力が暴走を始め、一転研究所ごと消滅の危険にさらされる。プリムラの記憶をリセットしようとするが、それすら出来なくなって神王と魔王はリコリスを消そうとする。その時ネリネがプリムラの力を抑え、そして稟に呼びかける様言う。その甲斐あってプリムラを救うことが出来る。プリムラはネリネのことをリコリスお姉ちゃんと呼ぶ。リコリスがプリムラを救ったのだ。
 人間界に戻った稟は亜紗の家に報告。稟、さりげに琴線に触れる事を言うので亜紗はテレまくり。またやっちゃたよ、稟。亜紗はまだ体調が悪いがネリネの治癒魔法を拒否。また謎が1つ出てきた。
 亜紗の家からの帰り道、ネリネと稟は公園に立ち寄る。そこで重要な事を稟に告げる。8年前に人間界に来た女の子はやはりリコリスだった。そしてネリネが何故リンと呼ばれるかも判明。稟に会えなくても寂しくないように、ネリネの名前の中にリンという言葉が含まれているので強引に付けた愛称らしい。ホント強引だ。またネリネは稟にリコリスの想いを叶える為に稟と出遭った事と、けれども今は自分の気持ちで稟の事が好きであると告げる。 
 こちらとしては伏線となっていたリコリスの事やネリネの愛称についてよく分かったけど、稟としては複雑じゃないかな?
 来週は「キキョウ」 帰郷?それとも桔梗?どっち?

| | コメント (11) | トラックバック (12)

絶対少年 第23話

 話は進んだが主要人物がりえぞーと須河原しか出てこない変な回だった。前回は人間の内面に重点が置かれたが、今回は巨大物体が現れたことによって人間がどのように行動するのかという話。
 横浜上空に謎の巨大物体出現。それと同時に胡散臭い評論家も出現。やっぱり出た!UFO研究家とプラズマ研究家。さらにクリッター説に米軍陰謀説を唱える奴もいればつっこむオタクもいる。部屋のポスターがすごい。希紗のお父さんらしき人も登場。警察かな?街では宗教団体が演説。羽鳥さんは絵を書き直そうとしている。そんななか悠然と行動している人もいる。それは爺さん連中。人間歳をとると慌てなくなるらしい。
 評論家が自分の言いたい事を主張してる中、須河原晶登場。須河原もこの連中の中で電波発言をしているので胡散臭く見える。須河原、付喪神の例を出して説明。「物を粗末に扱い100年経つと付喪神になる。京の街を練り歩いた付喪神に対して帝が僧侶に祈らせたら明るい光が現れた。明るい光に退治された付喪神は悔い改めて成仏した。」明るい光がマテリアルフェアリー、付喪神がマテリアルイーブルらしい。要するに呼び名が変わっただけで昔からマテリアルフェアリーとマテリアルイーブルは存在いていたと。で今回の巨大物体は大量消費社会による産業廃棄物が生んだ付喪神=マテリアルイーブルと結論。
 羽鳥の書き直した絵は「THINK and ACT」 考え、行動せよ!

 須河原の話を聞いたUFO評論家、「もしやUFOがくる!」 なにがなんでもUFOに関係付けたいのね・・・ 

| | コメント (0) | トラックバック (5)

ケロロ軍曹 第82話

 Aパートは623の俺ラジオに出る権利を掛けてケロロ達と夏美が対決。審査員にメロディハニーがまた来てる。アメリカのトップアイドルじゃなかったのか?暇だな~
 みんなそれぞれの特技を披露。タママはケーキのイッキ食い。モアは手加減ハルマゲドンで瓦割り。ギロロは自作のポエムで勝負。恋に目覚めて、夏が好きで、大鑑巨砲主義かよ!大鑑巨砲主義から離れられない男、ギロロ。夏美は持ち前の運動能力を披露。審査員に好印象を与える。で、いよいよケロロの出番。ケロロはギャグではなく感動物語で会場を感動の渦に巻き込む。審査員も泣かして勝利したかの様に思われたが、その後クルル子登場による駄ジャレ暗算に敗れる。メロディハニー達はつまんないギャグに弱かった・・・
 クルルがオーディションに参加した目的・・・ 覆面DJの623の顔を自分だけが見て自慢する為。どこまでも嫌な奴だった。
 
 Bパートのプラモデルバトルの夏美のデザイン、原作では夏美は私服だったのにアニメではパワード723。まあどっちも好きだけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (11)

いちごましまろ 第12話

 朝起きると一面の雪景色。伸恵は文句を言いながら雪かき、千佳と美羽は雪だるま作り、茉莉とアナは坂道を登るのに苦労している。茉莉とアナ、とろすぎる・・・
 まだサンタを信じている茉莉ちゃんがクリスマスのプレゼントの話を始める。すかさず美羽が服を買って貰うと言い出すが、アナが美羽を突き飛ばして阻止。確信犯の美羽、リコちゃん人形でままごとを始めるが、茉莉の家には煙突がないからサンタが来ることができないと言い出す。鍵を開けとけば大丈夫と言う茉莉、それは危ないからやめとけ!
 さらにサンタがいないと言い出しそうになった美羽を、伸恵が背後からピストル?で脅した事から美羽のホラ話?が始まる。美羽はサンタに勝ったらしい。
 美羽 3歳 信号を希望→懐中電灯(青、赤、黄色)が届く
 美羽 4歳 温泉を希望→秘湯めぐり温泉セットが届く
 美羽 5歳 関取を希望→相撲取りのヅラと肉ジュバンセットが届く
 美羽 6歳 おっきなおやま→サンタ、ついに降参、置手紙を残す
  ・・・ 美羽ちゃんの望みは大きすぎて私の手には負えません。これからあなたのクリスマスプレゼントはお父さん、お母さんに代わって貰う事にしました。美羽ちゃん、あまり困らせないであげてね、サンタより・・・ 
 バカだ!バカ過ぎる!可哀想なお父さんとお母さん、同情するよ!茉莉ちゃんは美羽に同情。いや、そいつの方が悪いんだって!
 茉莉のサンタを信じる心を守る為、伸恵、千佳、アナはトナカイに、美羽はサンタにコスプレして茉莉の家に行く。ちなみにコスプレセットは美羽提供との事。いいもん持てるな~。
 茉莉ちゃんは部屋の窓を開けてサンタを待っていた。だから危ないって!風邪も引くし! 茉莉の枕元には既にプレゼントが置いてあった。皆が周りで騒いだことで茉莉は目を覚ましてしまう。サンタ役の美羽が誤魔化そうとするが、あまりにもバカなので伸恵に窓から突き落とされる。丈夫だな、美羽・・・ そろそろ学習した方が・・・ しかし茉莉、気付いてね~し。
 プレゼントは渡せなかったが茉莉の夢を守ることが出来た。いつかはサンタがいないことが分かる日が来るだろうけど、きっといい思い出になるよ。
 
 春になった。伸恵は男目当てで早起き、しかしすぐに邪魔くさくなり挫折。茉莉ちゃんはアナから借りたイギリスの絵本を理解できるぐらいの英語力を身につけた様だ。アナはやっぱり英語が苦手、茉莉が貸した本、「我輩は猫でした?」が面白かったと事。更に日本人化している。美羽は授業中、先生に千佳が宿題写させてくれないし奢ってくれないしケチだと訴える。千佳、相変わらず美羽に振り回される。 最後まで4人+1人らしい話だった。 

| | コメント (0)

2005年10月28日 (金)

トリニティブラッド 第24話

 全24話なので完結すると思っていたが・・・ 未完ですか! そりゃないよ・・・
 アニメ用に大団円があるとちょっと期待してたので、ここまで中途半端な終わり方するとは思っていなかった。ショックがデカイんですけど・・・ エマの時の悪夢のようだ・・・
 続編希望! でも原作を勝手に作るわけに行かないのかな。

 イザークが操る飛空挺はイージスと言うシステムで守られている。それを壊す為にレオン、ユーグ、ブラザーペテロがエクスカリバーの隙を突いて攻撃。ユーグは久し振りに出てきてすごい活躍、ワーズワースが車を寄せたので着地もスマート。ブラザーペテロはスゲー気迫で飛空挺に突っ込む。しかし爆風によって川に墜落。て、オイ、助けてやれよワーズワース!AX以外はスルーか? この攻撃の後、シスターケイトが主砲を発射して飛空挺は爆散・・・したかどうか分からない。イザーク死んだの?すげー描写が曖昧。そりゃないよ!
 トレスがアベルの棺に謎の液体を注ぎ終わった後、すぐにカインが現れる。トレス速攻でブン投げられる。カインが棺に近づいた時、棺から薔薇の花びらを巻き上げながら黒い液体が人の形を成していく。さすがトリニティブラッド。耽美だ、と思いながら見てたらデビルマンになっちゃたよ! もっと美しい姿で復活して欲しかった・・・
 カインとの戦闘に突入後、過去話になる。アベルは地上の人間を憎んでる様子。セスはそんな奴らはほっとけとアドバイス。謎のお姉さんは博愛主義者のようだ。カインは嘘くさい笑顔を浮かべてアベルにどんな未来を望むか問う。アベルは自分達が火星移民計画の為の実験体と言ってたが、「嘆きの星」の時に軍人と言ってなかったっけ?よくわからん。結局カインとの戦いも決着つかず。何故闘うことになるか不明のまま。そりゃないよ!
 場面は変わって、エステルの戴冠式。皆が拍手しているので結婚式かと思った。戴冠式ってもっと厳かじゃないのか?それにしてもAXのメンバーが勢揃いすると派手だな。しかもヴァージル・ウォルシュとバネッサもいると眩し過ぎる。ブラザーペテロもね。
 最後はイオンが登場、アベルについて行くと宣言。アベルはカインを倒す為にどんなことでもすると決意。「私は絶対に負けるわけにはいかないのです。」
 
 最後の宇宙空間を漂う岩みたいな建造物を映したのは、何を言いたかったのだろう。謎を残して終わってしまった・・・ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月27日 (木)

ARIA 第4話

 シングルの藍華が先頭でゴンドラの練習。そこにシルフのウッディがやってくる。そこで灯里、「誰かの大切な思いを届けるなんて素敵なお仕事だね。きっと優しさやわくわくする心も、一緒に届けてるんだよね。」 はずかしいセリフを言ってもイヤミに聞こえないのがこのアニメのすごい所だ。声優さん達の声質もあるのかな?
 パンを買いにアリア社長と買い物に出かけた灯里。アリア社長が寄り道をした事から話が始まる。アリア社長を追いかけた灯里がたどり着いた場所、猫の泉だ~!二階堂に教えてやらんと!
 
そこで鈴の首飾りの女の子に手紙を届けてと頼まれる。鈴の首飾り、あやしい・・・ 手紙には今は使われていないデータカードが入っていた。郵便屋さんに住所を調べてもらったら開拓時代の基地だと分かる。親切な郵便屋さんが住所を調べてくれた。三日月形の島・・・ クレセント島だ~! て、ことは古代遺跡に飛行艇がきっと・・・
 ゴンドラで行けない場所なのでウッディのバイクで行くことに。ウッディの後ろに座ると思ったが立ち乗り。すごいな灯里ー!
 目的地に着いたが島にはお墓があるだけ。基地は水の底に沈んでいた。夕方になってアリシアがアリア社長と花屋さんに借りたスクーターでやって来た。アリシアは基地について調べていた。その基地は大量の水を発掘したがそのせいで水に沈んでしまった。墓はその事故で死んでしまった人の墓か・・・
 ウッディが墓の1つに手紙の宛名の人物と同一の名前を発見。手紙を手渡すことは出来なかったが、アリシアの提案で一緒に持ってきたカードリーダーでデータカードを再生。そこには風車の見える家に住む女の人が、手紙の主に送ったメッセージが入っていた。アリア社長と練習している時にたどり着いた風車の見える家と同じ・・ 
 
 手紙は時間と場所を超え心を届けてくれる。

| | コメント (0) | トラックバック (27)

ぱにぽにだっしゅ 第17話

 OPはくるみ版黄色いバカンスか。くるみはルレルレ歌わないのかな?それにしても住めば都のコスモス荘のEDで上手に歌っていたけど、はずしまくって(わざとだろうけど)歌ってるな~。
 五十嵐先生は飲めない祭りなんか面白くないと言ってやる気なし。中の人がアリシアさんと同じとは思えん。声の使い分けうまいな~。
 1年C組は玲を中心に金を掛けずに儲けようとする。で、その方法・・・メイド喫茶に決定。
 ケーキは生地を膨らませて小麦粉代を浮かし、コーヒーはくるみのバイト先から賞味期限切れを只で仕入れ。材料費が只同然ということでカラーひよこも売ることに。課題でカラーひよこの観察日記をしていた6号は、普通のひよこにスプレーで色を付けていた事を知ってショックを受ける。あれって仕入れタダなのか。知らなかった。それにしても製作陣は何かにつけて玲にチャイナ服を着せる・・・
 上空では宇宙艦長が部下と会話しながら、ハイジのOPみたいに何処から吊るしたのか分からないブランコに乗っている。なんかこの人達見てると和むな~
 玲は衣装部と話をつけてメイド服までタダで手に入れる。玲の眼鏡なしの顔見せはなし。原作ではあるのに・・・、つーか伊達メガネなのに・・・ くるみはニーソックスで妹でも萌えない設定、がんばれくるみ!
 ベッキーは見回りと称して学園祭を楽しむ。B組はお化け屋敷。しかし入り口でヤンキーが、フランケンシュタインに仮装して客を追い返しているので暇してる。ベッキーも中に入る前にリタイア。バンパイアにコスプレした鈴音は暇なので乙女の下痢ツボを押している。D組は協調性がないので各々好きなことをしている。麻雀している奴もいるし、メディアは犬猫の世話、ベホイミは掃除。ベホイミ、地味キャラになって久しい。早く癒やし系新感覚魔法少女に戻ないかな~
 C組は大成功で終わる。売り上げが全部自分達の物と思っていたC組だったが、チャリティの為に全部没収。ど疲れさん!
 
 FF6の狂信者の塔ではバニシュとデジョンをやってたのを思いだした・・・

| | コメント (0)

2005年10月26日 (水)

リリカルなのはA‘s 第4話

 場面ごとに日時と時刻を表記していると、邦画のホラー映画思い出す。1stも時間表記してたけど別に時間制限があるわけでないのでちょっと不思議。そういえば小説のアウトブレークでも時間表記だったな。表記した方が緊迫感があるからか。
 はやて、6:30起床はすごい。なのはは服着替えて公園いるし、フェイトは素振りしている。小学生に戻りたい。今の俺には無理・・・
 はやてはいい子だな。さりげにシグナムとザフィーラに毛布を掛けてあげている。でも薄幸。足の麻痺は進行型らしい。副作用が出るかもしれない治療を続けても成果が出てないし、これからは入院もありえるとの事。かわいそう・・・
 しかしこのアニメほんと嫌な奴出てこない。しかもみんな行儀がいい。ザフィーラなんて犬形態なのに毛布畳んでいるよ。ヴィータは寝巻きで出てきたけど・・・ あっ、ザフィーラ、犬形態でも眉毛あるんだ。 
 フェイトが転校してきて早速質問攻めに合う。当たり障りのない答えをするのに大変そう。うそが下手そうだし。でもなのは達がいるし学校に早くなじめそう。
 今回は闇の書の詳しい説明があった。魔力蓄積型のロストロギア、ページ数は666ページ、本が破壊されるか本の所有者が死ぬと白紙に戻って別の世界で再生する。本のページが埋まるとその魔力を媒介に真の力を発揮する。始末におえないな。こりゃ大変。クロノは守護騎士を捕まえて主を引きずり出すと言っている。はやてもしかしてピンチ?
 Bパートは戦闘が始まる。クロノこのシリーズ初めて現場に出てきた。攻撃は派手なんだけど威力が小さい。なのはとフェイトも直ぐやって来て参戦。レイジングハートもバルディッシュパワーアップ。名前も微妙に変わってる。レイジングハート・エクセリオンとバルディッシュ・アサルト、名前を呼んで変身。変身シーン長っ!あっ、このまま終わってしまった・・・
 
 コマーシャルはやたらハピマテが掛かる、全国共通かな?
 

| | コメント (0) | トラックバック (18)

2005年10月25日 (火)

舞-乙HIME 第3話

 遥と雪之が登場(ちらっとだけど)。旧キャラの方が思い入れがあると言うより好きだから大歓迎!後は早く舞衣と深優・グリーアが出てこないかな。この2人とぶぶづけ女が好きだったんで!(茶髪で仮面を付けているのが出てきたけど舞衣かどうか分からん)
 舞-乙HIMEの世界でのマシロ様は利発なお子様ではないので、ナギ殿下の策略にまんまと引っ掛かってしまいます。つーわけで即位式での舞闘決定。ありかは舞闘の為にナノマシーンを体に注入。ナノマシーンを使ってたのか。トリニティブラッドといい今流行りだな。
 いよいよ即位式。カズくん発見、アカネと目配せしている。カズくん今回は死ぬなよ。(まあ前回もカズくんのミスで死んだわけではないが・・)ナギがマシロが本当の姫かどうか分からないと言ったが、それってどういうこと?行方不明になった子を探して、見つかった子をマシロとして育てたということかな。そんできちんと本人確認していないと。 
 舞闘の前にアリカのローブを制御する為にシズルがアリカをハグ。このシーンは百合百合してないけど、トモエ・マルグリッド(CV田中理恵)がテレビでシズルを見る目が怪しかったのでこの2人で百合担当するような気が・・・
 バトル開始、前作と同様に戦闘シーンはすごいかも。これであの変な戦闘服でなかったらなー。なんにしても派手だ。他の場所ではシズルが黎人様声の人と戦闘。シズルの変身シーンかっこいい。カガリとはえらい違いだ! シズル、ぶぶづけ出して追い返す気らしい。
 ニナ、かめはめ波だしてしもた~!アリカは・・耐えた~!天下一舞踏会はこうでないと!
一方シズル達の戦闘は・・ さすが黎人様声、ツエェー!また城壊しちゃった。せっかく修理中だったのに・・・ 
 次回は注目の第4話だ。でも予告映像は普通に前回の続きか。

 どうでもいけどマシロの王冠がギャンの頭部に見える。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

ダ・カーポSecond Seazon 第17話

 アイシア、少年ダイナマイトの代わりにセクシーダイナマイトのお色気ムンムン夏休み特大号を買ってくる。照れながらも「どうぞ、心行くまでお楽しみください!」。よく買ってこれたな。買うのが恥ずかしいのもあるけど、18禁の雑誌はアイシアの年齢じゃ買えんだろ。それともただのグラビア雑誌か?アイシアに頼んだ雑誌が違うと言う時の純一の手の動きがやらしい。それはそれで純一は喜ぶのだが、帰ってきた音夢に少年ダイナマイトを渡され、その隙にセクシーダイナマイトを速攻で捨てられる。純一はまったく気付いてないけど。
 3人で出かけると聞いたアイシアは遊園地や動物園に行くと思っていた様だが、公園に連れてこられてがっかり。分かってないな~、アイシア。散歩は最高だって。俺なんか散歩部に入部したいぐらいだ。そしてサハラ砂漠横断耐久散歩レースに・・・
 昼ごはんを食べていたら暦先生が赤ちゃんを連れてやって来た。暦先生の赤ちゃんかわいいな~。暦先生も散歩らしい。先生分かってるー。
 音夢が純一の事が何でも分かるのが気になるアイシアは音夢を観察することに。純一はあれを音夢に取ってもらう。で、純一のあれの推移。テレビのリモコン→耳かき→爪切り→アイスコーヒー→お菓子セット・・・純一、指示代名詞しか頭に頭に浮かばないなんて脳が弱ってんじゃないのか?大人のDSで鍛えろ。それにしても音夢、メイドみたいな扱いだな。アイシアさすがに純一の態度に切れる。純一は何故アイシアが怒っているのか分からない。うわ、最低だ。
 音夢、最後にいい事言って閉める「何処に行くかが大切なんかじゃない、誰と行くかが大切」 成恵の世界で似たようなこと言ってたけどね。
 でもやっぱ音夢はメイドロボみたい。  

| | コメント (2) | トラックバック (9)

2005年10月24日 (月)

極めたい人の為のパソコン(別の意味で・・)

 異常乾燥注意報さんの記事を読んで笑ってしまった。理由はこのニュースなんだが・・ これが道を究めた人が使うパソコンなのか。俺は遠慮しよ~。 でもやっぱすごい・・・

| | コメント (0)

おねがいマイメロディ 第30話

 冒頭は奏、歌、琴の夢野三姉妹勢ぞろい。服の貸し借りで揉める。他の作品でもこれくらい服に気を使ってくれたらな~。
 永大橋先生は音楽部の部室で変なイントネーションの独り言。ルルル~。誰も部室に来ないので鬱モード。そこに柊がコンクールにエントリーしていないという知らせが。直ぐに柊の所に説得に行くが、興味が無くなったと愛想が無い。子供の時はあんなに熱心に取り組んでたのにと柊が子供の頃を懐かしむ。それをバクに嗅ぎ付けられてしまう。クロミ、今日はやる気が無いらしい。でパッパッと片付ける事に。バクが止めるのも聞かずに永大橋先生に悪夢魔法をかける。「何かとってもいいものを見たような」って永大橋先生、恵一が弾いてる音楽のことか?それとも恵一の裸バイオリンか?ららら~ そしてクロミは誰に魔法が掛けたかを知ることになる。
 柊の方に魔法の効果が発動。しかし前回魔法をかけられたことを教訓に、意思の強さで魔法を跳ね返す。その方法・・・今までで一番嫌なこと(バクにキスされそうになった事)を思い出す事。完璧人間でも嫌な思い出があるんだな・・・  跳ね返された魔法は街に溢れ出して大人が子供化。歌、真菜、美紀、奏も幼児になる。これは大きいお友達の為に作った話か?一度柊が嫌がる魔法を掛けた前科があるクロミは始めはビビッていたが、恵一がかわいい子供になっていると思って家に戻る。もちろん柊は変化なし。クロミにはお仕置きタイムが待っている・・・
 歌、美紀、真菜、奏の4人を一人で面倒見ることになった琴は、奏姉や歌姉の苦労を知る。そうしてる間にも歌と美紀が目を離した隙に姿を消してしまう。歌と美紀は柊の元から逃げてきたバクが面倒見ていた。バクは12人の弟達の世話をしていたから子供の相手は慣れているらしい。バク・ホーエンハイムじゃなかったのか? 前回いたぶられたニンジン頭とも仲良くしているし。悪役にむかないゾナ~ バクの過去話サイコー!
 マイメロ、ハンバーガーショップの看板に魔法を掛けて歌達を元に戻す。真菜さっきまでバクと仲良くしてたのに・・・
 永大橋先生はもう一度柊の所に行って説得。今日の騒動の発端を知っている柊はコンクールに出ることを約束する。
 
 クロミとバクは柊家88箇所のトイレ掃除。巡礼かよ!
 
 

| | コメント (4) | トラックバック (6)

2005年10月23日 (日)

BLOOD+ 第3話

 BLOOD+おもしろいな~ 話の展開スピードも丁度いいし、すごい見やすい。でも簡単に運命を受け入れるふうに見えるけど、カイと逃げるとか足掻かないのかな?
 ジョージいいやつだな。子供は全員養子か。いい人は早く死ぬなと思ったらやっぱり・・ 米軍と取引してでも助けてあげてくれ小夜!
 今日もアルジャーノンはマウスを探す為に米軍をこき使っている。アルジャーノンてフランス人か?ベトナム関係だし。DESTINYのジブリールみたいにつまらない小物じゃなかったらいいんだけど。デヴィッドはジョージに早く真実を小夜に告げろと急かす。リミットは日没。で、お墓で過去話になる。小夜が目を覚ますまで見守るようにって、墓に小夜をほり込んでたのか?やっぱり結構酷いかも。話が丁度終わった所でデヴィッドから電話、帰ることに。
 店に戻るとデヴィッドが真実を語りだす。お前が最初から話せよ!その後もう一匹のマウス、泣き虫フォレストが現れる。デヴィッドが外に逃がしてくれたが、直に追いつかれる。ここでハジ登場。ハジかっこいいいよハジ。いやもう最初から最後までハジでもOKです。
 それにしても、登場人物のデザインいいな~

 来週はカイが活躍か?

 追加 さっきBLOOD+公式ホームページに行ってみたらアルジャーノはフランス人て書いてた。ちゃんと確認しないとね・・・ ゴメンナサイ!

| | コメント (0)

絶対少年 第22話

 放置プレーに飽きた「羽の生えた魚」(ブンちゃん?)、自己アピールの末に先週やっと希紗に気付いてもらえた。で、希紗はブンちゃんモドキに付っきり。
 今週は登場人物達の成長回になった。理恵子は「もう辞めた」宣言を実行。とりあえず学校サボってルンペンの絵描きの所に話に行く。たわいの無い話をしているうちに絵を描いてもらう事に。「人は結局自分が見たいものを見る」 抽象的な言い回しなので的確に意味を理解できなかったが、言葉通りに受け取ったら<自分が見ようと思ったからこそ「見えないけど見えるもの」が見ることができた>ということになるのかな? りえぞーもなんかふっ切れたみたいだ。
 正樹も視野が広がった。自分の気持ちだけ追ってて相手の気持ちに目が行ってないという事に気付く。さらに考えが違って出口が違ってても一緒に行動することができるということが分かる。で、「逃げちゃダメダ!」 ストーカーもどきだったのが嘘のようだ。それにしても須河原、情報が集まったら「この同盟関係は潮時なのかなー」ってヒドイ女だな。
 希紗は1年後の自分に送ったメールを見て状況認識する。自分を知ることも成長のうちか。
 歩の所に阪倉から電話が掛かってくる。オカカ婆が阪倉の夢枕に立って、歩を頼むと言ったらしい。阪倉の励ましで歩もふっ切れて、次回は話が進みそう。ブンちゃんは白い卵みたいなのに変身するし、上空には渦巻き出現だし。
 
 正樹、ソッコーでりえぞーに振られる・・・

| | コメント (0) | トラックバック (4)

今日からマ王 第64話

 リンジー君、Tぞうが出てきて期待が膨らむが結構普通の回だった。フリンがウインコットの毒を持って真魔国にやった来た。もちろんギュンターのトラウマの元になっているあのアイテムである。ソッコーで眞王廟に封印することになるが、有利がこけて、後はお約束。哀れギュンター、またもやアニシナに体を雪ギュンター、魂をお菊ギュンターに改造手術される。アニシナは相変わらす酷いな。しかも岡持ち(アニシナのマスコット付き)にお菊ギュンターぶち込むし。ギュンター、泣いては目からビームで周りに迷惑かけまくるが、有利が優しい言葉を掛けて何とか収まる。で、ウインコット家の人間がやってくるのだが、えっ!、爺さんかよ!ギュンターもリンジー君を期待してただろ。 この後音楽が厳かになる。もしかして・・・
 Bパートはジュリアの昔話になってしまった。アニシナとカンフーバトルしてくれよー。そんで、リンジー君に冷たく捨てられてよ~。
 昔話が終わった頃、アニシナが準備が終わったと呼びに来る。しかし雪ギュンターが暴走を始め、ウインコット卿の言う事も聞かず城を破壊しまくる。自分の体に「しっ、しっ、あっちにいきなさい、来るんじゃありません」。喋りがなんだか・・・ まあ、中性キャラということにしておこう。さらに目からビームで攻撃するが雪ギュンターに通用しない。追い詰められた有利は雪ギュンターの攻撃で塔から転落するが、饅頭を食べたTぞうが空を飛んで助ける。自分から食ったの、Tぞう?さらに有利が魔王に変身し雪ギュンターを成敗。ウインコット卿により呪縛を解き放ってもらい、魔王有利に抱き抱えられギュンター、頬を赤らめる。まあ、中性キャラという事で・・・ 恥ずかしい思いはしたが、ギュンターにとって結構いい日。 今日はギャグ回というほどでもなかったが、いい息抜きになった。
 未だにドリア、ラザニア、サングリアの顔と名前が一致しない・・・ みんなわかる?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年10月22日 (土)

2005秋の新番組 その3

 更に新番組が出現。蟲師にパラダイスキス、BS-iではブラックキャット。もう無理。とりあえず新番組はスルーしよう。ああ女神様はWOWOWとかぶってるから始めから見れないけど・・・ 
 ガンパレード・オーケストラとクラスターエッジも視聴打ち切り。見ててしんどい。クラスターエッジはキャラが美少年ていう他、見所が無いし、GPOは仮にも軍隊なのに部下全員が言う事聞かないなんてありえん。キャラもうざすぎ。灼眼のシャナも今日見てダメなら切ろう。土曜日は当たり(マ王、絶対少年、BLOOD+、ソウルテイカー、地獄少女)も多いし丁度いい。
 それはさておきノエインが結構気に入った。OPがいいし、服も毎回変わるから見てて楽しい。独特のキャラデザインも見てるうちに親しみが湧いてきた。でも動きがなんか変。狙ってやってるのか、それともただ単にサボっているのかどっち?戦闘シーンも相変わらずイカレてる・・・

| | コメント (0)

SHUFFLE! 第14話

 稟、てっきり今回魔界に行ったと思ったが、まだ人間界でウダウダしている。その理由はネリネの過去話にある。ネリネの細胞から作ったリコリスという少女はとても優しいネリネの友達だったが、体の弱いネリネに自分の命を与えた。うわっ、輝夜姫みたい。ネリネはリコリスの命だけではなく、才能や想いも引き継いだ。歌の才能も弾き継いだらしいがたいした歌じゃないな。 さらに魔族で「天使の鐘」って・・・ 話し戻るけど大切な想いも引き継いだという事だが、もしかして子供の時に人間界に来たのはネリネじゃなくリコリスか?
 そういうわけでネリネはもう大切な人を失いたくないと言い、その言葉に稟は揺れる。稟は亜紗の所に相談に行くが今度は亜紗の昔話に。亜紗も子供の時、体が弱くてよく亜麻に当たった。しかしいつも微笑みを絶やさず、付き添ってくれた亜麻のお陰で元気になれた。その言葉を聞いて稟は今度こそ魔界に行く決心をつける。
 次回予告は・・・ よし、魔界にちゃんと行ってるな!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年10月21日 (金)

ケロロ軍曹 第81話

 うわっ、モロ美鳥の日々のパクリだ!美鳥ちゃんと違って、ぬいぐるみ付けてるみたいに見えるが。小学館から許可簡単に降りたのかな?
 ペコポン最強の戦士夏美と精神を融合させるケロロの計画により実験体にされたギロロ。朝、目が覚めると夏美の右腕になっていた。ある意味願いが叶ったのだが、夏美には大迷惑。夏美はケロロ、タママ、クルルを半殺しにして元に戻すよう命令するが最低でも半日かかると言われる。学校を休むよう言われるが今日は休むわけにいかない理由があった。それはB組の芋碁理恵(変換一発できたと思ったら間違ってた)とのソフトの試合があるから。小雪はゴリエと間違っているが・・・ 
 で、芋碁理恵は中原麻衣。微妙にヨゴレな役で出てくるな~ 夏美はピッチャー、ウインドミルで投球。当然ギロロは目を回してフラフラ。しかしギロロはど根性で乗り切る。バッティングでもギロロはバットにカブりついてがんばる。歯が折れるぞギロロ。でもケロン族は歯が生え変わるのか。
 最終回B組の最後のバッター、芋碁理恵は1球で仕留めると言ったとおりジャストミート。しかしギロロがど根性でボールをキャッチ。さすがギロロ、やられキャラだが最後は決める男。夏美にも感謝されて結構いい日になった。
 しかし家に帰ると冬樹の服でケロロがど根性がエルになっていた。とことんパクるのね・・・

| | コメント (0)

トリニティブラッド 第23話

 アベルが入った棺が薔薇に包まれて教会に安置される。死んでなお耽美だ。その傍らでエステルが絶望に打ちひしがれる。一報はアスタローシェとイオンの元にも届く。イオンはアルビオンに向かおうとするが、アスタローシェは聖勅を実行する方が重要とイオンを諌める。カテリーナは謎の女性?が眠るカプセルから、謎の液体をもらい、それをトレスに託す。やっぱりナノマシーン(クルースニクとかいう)か?アレッサンドロは気のせいかも知れないが、ちょっとしっかりしてきた(まだ大阪並かも)。ヴァージル・ウォルシュはゲットーの封鎖し、星を迎えに行くという。ユーグもアルビオンに到着。 あのー、ものすごく駆け足なんですけど・・・
 アルビオン上空に謎の(カイン所有と分かっているが)飛行艇が現れ街を破壊。その飛行艇内ではカインが耽美に入浴し、イザークが耽美にタバコを吸いながらエクスカリバーシステム(攻撃力が1ではない方)を発動する。カインはアベルを吸収すると言ってるが前回ついでに吸収したらよかったのに。それはそうと、あんまり覚えてないけどイザークって1度出てきた事あるよな?
 ヴァージル・ウォルシュはエステルの所に行き、あなたはアルビオンの王位継承者でこの国に対する義務があると言う。今、言うか!ずっと探していたとの事だが、初めて会った時に言えばいいのに。それからあれだけ伏線らしく星のあざを見せておいて、あざが証拠として使わないのか? で、何処からともなくアベルの声が聞こえる。それでエステルの決心が固まる。2時間ものの映画みたいな展開の速さだな。
 エステルは王宮にヘリで乗り付けて演説。言っていることは正論だが、教皇庁のシスターにあの場所で発言する権利が無いように思えるので説得力がない。何らかの形で王位継承者という事を示すべきではと思う。
 基本の話はしっかりしているのでちょっと勿体無い。カプセルの謎の女性やカイン、セス、アベルの過去についての話も見たいが最終話でやってくれるかな?時間配分的には難しいか。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いちごましまろ 第11話

 美羽、千佳の部屋で紙相撲を始めるが、しこ名にチカノフトシと名を付けて千佳を挑発。アナは相撲ファンでやたら詳しい。今度はアナの力士にトキノコッポラと命名し対戦。美羽は相手をおちょくる能力に掛けてはすごい。勉強の邪魔をされた千佳は3人を追い出す。
 そこに伸恵が帰ってくる。落とした硬貨を拾おうとしてバイクごとこけて水浸しになったらしい。急いで風呂に入るが、ガスが壊れていて水風呂。そこで銭湯に行くことに。常識のない美羽はシュノーケルや浮き輪を持っていこうとするが、さすがに止められる。
 一同は銭湯に到着。茉莉ちゃんは靴箱の札に「ま」を選ぶ。アナは・・・ 美羽が親切に「こ」、「つ」、「ぽ」、「ら」の札を持ってきてくれる(いらないお世話だけど)。さらに美羽、茉莉ちゃんに番台のおじさんがリアクションに困るような間違った銭湯への入場を教える。いよいよ体を洗うのだが・・ アナ、シャンプーとリンスではなく、ハンドソープと発毛剤を持って来ていた。イギリス製のシャンプーと間違えた伸恵はアナから借りたハンドソープで頭を洗う。変わった匂いのシャンプーだなと言う伸恵の言葉に罪悪感を感じつつ、アナは伸恵のシャンプーで頭を洗う。
 帰り道、雪が降り出したので美羽を除いて伸恵のマフラーに包まって帰る。でも茉莉ちゃんの言葉、「これでサンタさんのそりも困らないね!」によって次回はクリスマスコスプレだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ARIA 第3話

 カレイドスター仲間のアリス(CV広橋涼)登場。決め言葉は「でっかいお世話です」。アリスは灯里や藍華(シングル)よりレベルが下(ペア)のウンディーネ見習い。しかしゴンドラの操船技術は二人より上。朝錬をしていた藍華たちを軽く抜き去ってしまう。
 アリスはオレンジプラネットに所属している。オレンジプラネットは創業10年ほどの会社だが創業100年以上の姫屋と同じぐらい従業員数らしい。ちなみにアリアカンパニーは従業員1人あたりの売り上げがトップだった、灯里が入る前までは・・・ アリシア1人が稼いでる状況で、灯里が客を船に乗せることができなければ半減だからか。アリスは14歳なので昼間は学校に通っている。下級生にサインを求められるが無愛想に断ってしまう。自分が笑顔が苦手なことを理解しているので努力(水鏡に向かって顔を引きつらせながら練習)しているが、愛想笑いだけはしたくないと思っている。
 灯里は暁と出会う。暁は人を待っているらしいが、現れないので灯里の練習に付き合ってやるとの事(つまりタダ乗り)。そこに出くわしたアリスも一緒に観光案内の練習に付き合うことに。始めは灯里が暁に対して愛想笑いしていると思っていたアリスだが、その笑顔が本心からのものと分かり灯里に興味を持つ。
 タダ乗りを堪能し待ち人(暁の兄)から金を借りることができた暁は浮き島へのロープウェーのチケットを2枚くれる。灯里とアリスは浮き島から夕焼けに照らされたネオ・ベネツィアの街を眺めて・・・ で、ここで恥ずかしいセリフ「まるで鳥になって空を飛んでるみたい!」
 
 恥ずかしいセリフ、ドンドンお願いします! 

| | コメント (0)

2005年10月20日 (木)

ぱにぽにだっしゅ 第16話

 走る~止まる~進む~怯む~跳ねる~しゃがむ~生きる~第拾六話~ここで~。誰かが涼風のあの変なエンディングを使うと思ったが、ぱにぽにが最初!
 一条が異常行動をとっているのでベッキーは生徒会諜報部を使って調査する。一条はウエディングドレスを見て泣いていたらしい。玲の推理→どんなに愛し合っても結ばれない禁断の恋。 諜報部に変わって調査することに。一条を追いかけて一同は3つに分かれる。調査に参加するのが嫌な都は6号と鎖に繋がれる。それが納得できない都、切れる。ココで6号の百合属性発動「私じゃ、嫌ですか?」 都、「い、いや・・別にあんたが嫌とかそう言う事じゃなくて・・」  みんなHボタン連打したか?
 宇宙では艦長が地球の携帯を持っているのがばれる。しかも一条さんがメル友。危険が迫っているというメールを受けた艦長は一条を助ける為に地球に降下する。
 ついに一条を追い詰めたベッキー達は一条を説得するが、一条はパチンコで抵抗、投光機を破壊する。と思ったら都のデコだった。都、徹底的にやられキャラ・・  そこに地球人に変装した宇宙艦長が現れ、一条を連れて逃げる。カーチェースを繰り広げるが宇宙船からの攻撃で海に転落。でもしっかり宇宙部下が2人を回収。2人はお別れを言うことができた。 で、一条の涙の理由・・・  花粉症だった。  

 ベキ研の科学力は世界いちぃぃ~  JoJo好きだな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

フルメタルパニック THE second raid 第13話

 ギャー、録画失敗した~。10分ズレテル~。ありえん、追っかけ録画できてなかったよ。別にその時間暇だったけど、借りてきたエマ読んでしまった。でもエマ面白かった。ウィリアム、アメリカにエマ追いかけるのかな? ツーか、フルメタのレビューじゃなくなってもたー!

○| ̄|_  保存したの消そかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月19日 (水)

リリカルなのはA‘s 第3話

 第2話でなのはとフェイトは再会しているが、ちゃんとした挨拶は今回が初めて。なのはとフェイトは時空管理局の中で再会を喜ぶ。不器用なフェイトと自分の気持ちを正直に伝えることができるなのは。対照的だけど相手を思いやる気持ちは一緒。よかったね!
 しかし派手な施設だな。せいぜいビル1個ぐらいと思っていたが、まるでア・バオア・クーだ(岩じゃないけど)。
 レイジングハートとバルディッシュは修理が大変そう。部品交換も必要との事。宝石みたいなデバイスを部品交換てなんか変な感じ。再起動して杖状の時に部品交換するのかな。
 風呂好きのシグナムが風呂入るの止めた。フェイトにやられたとの事。フェイトは戦闘時なのはみたいに迷ったりしない分、力を発揮しやすい。
 アースラは修理中の為、リンディ提督以下なのはの家の近くに住む。みんな来るのかよ!ユーノはフェレットモード、アルフは仔犬モード(目のあたりが犬に見えないけど)で過ごす事に。すずかとアリサはビデオメールで何度も会ってるので、以外にすんなりフェイトも溶け込めたみたい。アリサはアルフに引っ掛かっている。温泉で喧嘩したり怪我した時に介抱したんだけどね。リンディ、手を回してフェイトをなのは達と一緒の学校に通わせる。もう闇の書どころじゃないな。
 一方、ヴィータ達守護騎士はページ集めに気合入れている。完成させてはやてと静かに暮らすらしい。はやてのことをページを集めるまでの仮の主ぐらいにしか見ていないと思ってたからちょっと意外。しかし集めたらどこで暮らすつもりなんだ?
 レイジングハートとバルディッシュ、ベルカ式カートリッジシステムを要求。戦闘が派手になりそう。
 

| | コメント (2) | トラックバック (3)

舞-乙HIME 第2話

 タイトルがタイトルなのでどうしても前作と比べてしまう。戦闘方法も違うんだし、名前変えて作った方が良かったと思う。それから制服がエプロンみたいなのが受け付けない。せめて本科生はエプロン外して欲しい。
 アリカの三つ編みは猫の尻尾みたいだな。感情が現れるからポーカーには不利だけど。
 予科生が掃除している所にアカネ登場。髪を下ろしているほうがかわいい。ガルデローべの挨拶は普通に「お早うございます」。「御機嫌よう」じゃないのか。「お姉さま」とか言ってるからちょっと期待した。
 2話はキャラ紹介の回。マシロ、前作のイメージぶち壊し。すげーワガママ。しかも恩を仇で返す救いようのないキャラ。でも憎めない得なキャラだなー。ユカリコは生徒にメイド喫茶の挨拶を教えている(行ったことないけど)。シホは魔太郎キャラ。早口言葉を言いながらマキマキしている。ついでにクロミノートをこまめにつけている。チエは塚キャラ、ナオは前作のまんまだな。
 ナギの提案でマシロ姫の即位式でニナとアリカが舞闘を行い勝った方が学園に残ることに。アリカ戦い方知ってるのか?展開速いな~

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2005年10月18日 (火)

ダ・カーポSecond Seazon 第16話

 アイシア、純一の夢を見る。アチャ~、純一と小鳥がくっつくというのは絶望的だ!
 今日はサービス回。アイシアがシャワーを浴びてる間に音夢がアイシアの部屋を片付ける。ちょっと許せない部屋なんですけど・・アイシアにはそれが気に入らない。ついでに音夢はマントを洗濯したとのこと。できれば捨てて欲しかった・・
 アイシアは純一と音夢が仲良さそうに話しているのを見て外に出る。アイシアが悩んでる時は美咲が必ず現れる。そしてすぐさま悩み相談。診断結果・・①アイシアは純一が好き。②みんなも(美春をのぞいて)純一が好き。③美咲も純一が好き。やっぱり純一と小鳥がくっつくのは絶望的だ・・・ しかし美咲って頼子のときの記憶あったんだ。
 で、アイシアは皆が純一のことが好きということを確認に出かける。環は動揺して矢でハートマーク、ななこは自分をヒロインにして純一とくっつける妄想マンガを執筆、眞子と萌は勝手に喋ってるのを盗み聞き。最後はアリスの所へ。
 アイシアはアリスが純一のことを好きというのを確認して帰ろうとするが逆に純一が好きなのかと聞き返される。悩んで帰る途中、純一がマントを持って迎えに来る。アイシアは優しい言葉を掛けられて・・・ 
 
 しかし2ndは切れ味が悪いな。1stのように最所から中盤までおバカな話をして後半にシリアスな話を持ってきてくれたらいいアニメになったと思うが、ずっとぬるま湯ではな~
 

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005年10月16日 (日)

おねがいマイメロディ 第29話

 つっこみ所が10秒に1回あるマイメロ。今日もいきなり「交換日記、絶交」等の言葉が出てくる。歌、お前幾つだ!いつも歌にちょっかいを出す駆が、歌のことを好きなのは本人以外みんな知っている。クラスメイトに歌にいつ告白するかと聞かれた駆は自分の好みがボン、キュッ、ボンの宮前と言う。駆は歌のことが好きでないなら自分とデートしようと言う宮前とデートすることに。駆、それを歌の前で自慢する。そこでマイメロ曰く「駆くんて不器用なの?」 どうやらマイメロママが「女の子にわざと他の女の話をするのは不器用な男が構って欲しいからよ」と言ったためらしい。男の心理を知り尽くしている女、マイメロママ!
 駆はその晩、追いかけっこをする夢を見るが捕まえた相手は歌。深層心理は正直だ。そんでもって駆の部屋は汚い。
 駆のデートを知ったフラット君とマイメロは覗きに行くことに。デートの達人を自認するフラット君、マイメロに試しにデートしないかと言う。マイメロのママについての回想「フラット君はボーイフレンドにはいいけど本気になっちゃダメよ」 男を見る目が確かな女、マイメロママ、クールだ! フラット君がんばれよ。
 デート中も歌の事ばかり考える駆。歌のことを悪く言われた駆は宮前を置いて帰ってしまう。クラスの男子に駆に置いていかれた事がばれて、プライドを傷付けられた宮前。それをクロミとバクに嗅ぎ付けられる。で、いつものように悪夢魔法発動。
 その内容はクラスの女子をみんな男にするというもの。真菜はあんまり変わってないが・・宮前、自分1人が女ならモテまくりと考えたらしい。どっかの異世界の女王にそんなのがいたな~ さらに宮前は目障りな歌をキューピッドの矢で「メロメロの骨抜きの腰砕けのグダグダ」「ハートがヒリヒリでズキズキのパヤパヤ」にするらしい。ボキャブラリーが豊富だなお前。でも擬音語でしか表現できない人間はバカだとも聞いたことがあるが・・
 そんなピンチの歌を駆が庇って助ける。マイメロもようやく反撃開始。フラット君を変なセニョールに変える。フラット君が艶かしいポーズで吹きかけたバラの花びらによってみんなの魔法が解ける。そしてマドンナ転落の宮前に気弱な山本が告って一件落着。その後もフラット君が焚きつけてクラスはカップルが乱立。駆もどうやら自分の気持ちに気付いたようだ!

 カウンターが4桁に乗りました。有難うございます。宜しければ又いらして下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

今日からマ王 第63話

 コッヒー軍団と闘うという予告だったから、てっきりギャグ回だと思っていた。だがシリアスな音楽で始まる。
 箱が4つ集まったためにエンギワル鳥は移動し、骨飛族はドリア達の言うことを聞かずにストライキ。有利はたまった書類を青空の下で爽やかに片付ける。
 そんな有利の元に次々と王国内の動物達(ポチも動物に入るのかな?)の異常の知らせがもたらされる。ドリア達からコッヒーの様子を聞いて見に行ったが、まったく言うことを聞いてくれない。そして骨飛族が血盟城に集結し始める。
 対策を立てている有利の元にニコラがやって来た。エルがコッヒーにさらわれたので助けて欲しいと訴える。
 骨飛族は不安を感じると集団になり凶暴化するとの事。有利はコッヒーに自分が魔王として骨飛族、魔族、人間を守ると約束。コッヒーも大人しくなり一件落着。さらに最後はダカスコスが大活躍。息の合わないマジックショーで次々にコッヒーを再生する。

 そして来週こそギャグ回だよな。雪ギュンター(お菊ギュンターも)だし。期待してるぞギュンター!  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年10月15日 (土)

BLOOD+ 第2話

 30分が短く感じる。2話も面白かった。この時間帯のアニメでは今までなかったことだ。このまま行ってくれるといいが・・
 マウスとかいう変な化け物を瞬殺とまではいかないまでも、無傷で倒した小夜。我に返って恐怖に襲われる。その間に米軍到着。チェロ引きの男(ハジ)がカイと小夜を連れて学校を脱出する。カイがハジに怒りをぶつけようとした時にはもういない。かっこいい奴だ。
 病院に運び込まれた小夜は、翌日目を覚ます。そこで昨夜の記憶を呼び覚ます。部屋を出た小夜はデヴィッドとジョージの話を立ち聞きしてしまう。
 飛び出した小夜をカイが見つけて「どんなことがあっても小夜は小夜だ」と励ます。そしてなんとなくがんばれる魔法の言葉「なんくるないさー」を教えてくれる。
 違う場所ではデヴィッドが小夜を連れ戻そうと根回しを行い、マウスも1体行方不明中。そして写真の髪の長い小夜に似た女性は?
 次が楽しみ!

 鏡に映った血にまみれた小夜を見てネギま!のZazieを思い出した。最終回まで喋らなかったなー

| | コメント (0) | トラックバック (11)

絶対少年 第21話

 希紗壊れまくり継続。相変わらずのクマ顔。女子高生以前に女としてかなりまずい状態に突入。風呂は入れよ!
 正樹は理恵子や成基に電話を何度もかけて嫌われる。いい加減気付けよ!理恵子ははなさんの所に来た成基におもいっきり避けられショックを受ける。
 後日理恵子はプリントを届けに行って成基に会い、希紗のことばかり特別扱いしている成基を責める。かなり分かりやすい感情表現だが成基、気付いてない。「希紗が壊れやすいことに変わりがない」と答える。言葉の受け答えとしては正しい回答だが、真意を読み取っての回答とは言えないな~。
 結果、理恵子ぶち切れ宣言。もう辞めたらしい。次回、理恵子がどう変わってるか楽しみ。飛行課かな?それはないだろうけど。

 希紗、やっと「羽の生えた魚」が光ってるのに気付く。ものすごくゆっくりなペースで進むな~。それはそうと逢沢歩は高校生には見えん。大学生ぐらいに見えるのは俺だけか?

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ケロロ軍曹 第80話

 ちょうどケロロ軍曹11巻のコミックスを読んだばかりだったのでタイムリーな話。内容もほぼ原作どおり。
 いつもの如く、ケロロと夏美は喧嘩する。理由はケロロが勝手にゲームを進めてセ-ブの上書きまでしてしまったから。冬樹に判決を求めるが、当然夏美の勝訴。ケロロは判決が地球人よりと抗議する。俺は最近ゲームしないけれど「逆転裁判」て面白いのかな?「まろまゆ」で店長がやってたし。最近のゲームネタが出てくるとよくわからん。
 小隊のみんなに同意を求めるが相手にされない。ドロロ、出席してない日に限ってケロロに頼りにされる。しかしあの吹きだし「とりゃー」って・・・ 誰が作ったんだ?
 家出したものの、誰も引き止めてくれないケロロ。何とか空き家を見つけて基地にすることに。で、やることといったら・・・ やっぱりガンプラしかもジム。あっという間に組み上がり、雑誌も読んでしまいすることが無い。
 夏美が探していることを知り、謝って帰ることにする。しかし玄関前で立ち往生。気付いたギロロが夏美に鍵が開いてるから閉めるようにと忠告。で夏美はケロロが帰ってきたことに気付く。ケロロが素直に謝って仲直り。と言う、こそばゆい話だった。ココ最近では一番いい話かも。

| | コメント (0)

2005秋の新番組 その2

 この前書いた秋の新番組の残りの評価。関東ではないのでいくつか抜けてるかも。

 11.ARIA レビューも書いているがここでも書く。作画は綺麗。キャラデザインもいい。音楽もすばらしい。声優も配役に合っている。話も1話完結で綺麗にまとめられている。「アラアラ、マアマア」も「はずかしい話」も全てOK。見ていて楽しい今季最高のアニメ。
 今までDVDに6話入れるつもりの画質で録っていたが、これからは4話のペースに変更する。もちろん視聴継続、保存決定。 2話見ただけだが殿堂入り以上決定。神に認定するかも。

 12.ノエイン 作画は綺麗。キャラデザインは非常に個性的。特に目に特徴がある。主人公の目を見ていると、魔法少女隊アルスを思い出した。(アルスの方がデザインが好きだが) 声優、豪華だな~。話はややこしそう。最初の異世界っぽい戦闘シーンとどう繋がるのか。クラスターエッジやシャナでは説明不足で不親切みたいなことを書いて評価を低くしたが、これは結構期待している。結局は好みの問題かな~。音楽はちらっとeufoniusの歌が聞こえたのでそれだけで高評価。 視聴継続、保存するかも 期待大

 13. 地獄少女 「能登かわいよ能登」は・・・ あまり出てこないし、しゃべらない。作画は綺麗。キャラデザインもいい。話は必殺仕置き人かよ。でも代償は金ではなく死後の地獄行き。1話完結でよくできていると思う。話が重いのでちょっと憂鬱。 視聴継続、保存はしない。 高評価

 14.はっぴぃセブン 作画は普通。て言うか上記に比べると結構手抜き。話は頭を空っぽにして見れるから楽。それなりに楽しめるので視聴継続、保存はしない。 好印象

 15.銀盤カレイドスコープ 作画は普通。少女マンガみたいな内容だな~というのが最初の印象。性格が凶悪と書いてあったがそうは見えないんだけど。見ていてものすごく面白いわけでもないが、つまらないわけでもない。 視聴継続、保存はしない。 これから良くなることを期待

 16.ラムネ 作画はまあまあ。キャラデザインも結構いい。話の内容は・・・ベッドから落ちて服が脱げる、風に吹かれて上着がめくれ上がる等、ある意味おそろしく潔いアニメ。今期一番ものすごい。制服の腰のでかいリボンが蛇足。無ければ綺麗のにと思う。声優は知らない人ばかり。 視聴継続、保存はしない。 割と好印象。

 17.BLOOD+ レビューを書いているので割愛。 視聴継続、保存するかも、この枠のアニメには裏切られ続けたが今回は期待大

 以上です

| | コメント (0)

2005秋の新番組 その1

 とりあえず新番組の1話を一通り見たので評価を書く。今のところ切ったのは2本だけ

 1.To Heart2 作画は綺麗。キャラもかわいい。ヒロインも好印象。前作を見ていないので話はよく分からないが、とりあえず視聴継続。保存はしない。 好印象
 
 2.Canvas2 レビューを1度書いているので割愛。付け加えると、みんなリボンでかすぎ。猪口有佳は子供役が似合う。 視聴継続。保存はしない。 わりと好印象

 3.舞-乙HIME レビューを書いているので割愛。視聴継続。保存するかも。 よくなることを期待

 4.リリカルなのはA‘s  レビューを書いているので割愛。視聴継続。保存するかも(前作は保存していないけど) 期待大。
 
 5.ガンパレード・オーケストラ 前作は数話しか見ていないがそれなりに好印象だった。しかし今回は1話を見ただけでなんだかな~て感じ。若槻さんを出してこれじゃあな~。(音速丸は超好き) とりあえず2話も見るが、たぶん視聴打ち切り。 期待薄
 
 6.格闘美神・武龍 エアマスターぐらい笑わせてくれたら見てもいいと思ったが・・・つまらない。作画も嫌い。キャラデザインも嫌い。 視聴打ち切り決定。

 7.クラスター・エッジ ガンダムWかと思った~。これでもかと言うくらい美少年が出てくる。でも複雑そうな世界(人造兵による戦争とか)のわりには説明がなくて分かりにくい。2、3話見て面白くなかったら切るかも。とりあえず視聴継続。 良くなるよう期待

 8.エンジェルハート コミックスを読んでしんどくなった。わざわざシティハンターの登場人物を出さない方が面白いと思うのだが・・・ アニメは見もせず視聴打ち切り。

 9.灼眼のシャナ 作画は綺麗。登場人物のデザインもいい。でも話が分かりにくい。原作を知らないので専門用語ばかり使われると話についていけない。それから混乱しているからか、既に死んでいることを知って主人公?坂井悠二が情けない声を出してうざい。2、3話見て面白くなかったら切る。とりあえず視聴継続。 期待薄

 10.IGPX 作画は綺麗。話はどっかで見たことがあるような内容(銃夢を思い出した。)だが、面白かった。視聴継続。たぶん保存はしない。 期待大

 次回、残りの秋番組について書きます。

| | コメント (0)

SHUFFLE! 第13話

 プリムラがいなくなって芙蓉家は火が消えたような静けさ。稟も楓も落ち込む。魔界に帰ったプリムラはネリネに似た女の子の夢を見ている。誰っすか?
 稟はリムがいつ帰ってくるか魔王に聞きに行くが、お茶を濁されて返されてしまう。その話を聞いていたネリネは魔王に聞いてプリムラの本当の容態を知ってしまう。で、出てきた名前「リコリス」。夢に出てきた女の子か?一人で悩んでいるネリネからシアも話を聞き、知らないのは稟と楓だけになる。
 魔王の家に夕食会の件で訪問した稟は魔王たちの会話を立ち聞きし、今度は稟が楓に何て言うか悩む。あ~話が重い~。親衛隊も緑葉も空気を呼んでるし。(親衛隊が出てきたら話がぶち壊しだが。)
 楓は稟がプリムラがすぐ帰ってくると言うのを聞いてすぐ気付く。お互いに気遣う姿が痛々しい。楓は稟がいない所で泣いている。
 
 落ち込んでいる稟を亜紗が励ましてついに稟復活。稟と楓は魔界に行く決心をつける。
 あれ、でもネリネはなんで反対するの?

 話の中盤、シアの裏モード2回目の登場。ずっと忘れていたけどプリムラの話が終わってから展開するのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年10月14日 (金)

いちごましまろ 第10話

 伸恵、かわいいケーキ屋を発見。店内に赤ちゃんを連れた母親がいるので店に入るのを遠慮する。
 一方、千佳達は催眠術の番組を見ている。美羽が千佳をサタケに変えると宣言。千佳がトイレに行くと出て行った時に一緒について行き、本物のサタケを連れて戻ってくる。茉莉ちゃん、もろに引っ掛かって、美羽に将来の心配をされてしまう。俺も心配だ。
 ケーキの番組を見た美羽、無差別に催眠術をかけてケーキを奢らせようとする。誰もかからないので外に向かって催眠術をかける。
 タイミングよく伸恵がケーキを奢ってやろうと千佳に電話。千佳達を湖の休憩所に呼び出す。4人は湖のバス停に着いたものの、美羽のせいで2人1組で別行動する羽目に。
 4人がなかなか集合場所に到着しないのに痺れを切らした伸恵。そのころ茉莉×アナはジョンを捕まえてくれた親切な外国人を図書館に案内。千佳×美羽は湖でスワンボートに乗っていた。
 さすがに切れた伸恵はケーキを奢るのを止めて帰ろうとするが、千佳達が5円玉を揺らしてるのを見て・・・ 大人は大変だな~
 
 帰り道はみんなで歩き。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トリニティブラッド 第22話

 ブラザーペテロは変な髪形だが役に立つ。ナイスキャラだ!アッレサンドロは今回初めて役に立った。ブラザーペテロはアレッサンドロを男と認めているようだ。そしてペテロを騎士と見込んでお願いされたからバネッサを見逃すらしい。丸くなったな、ペテロ。
 そのバネッサ、街がピンチだと知って走り出した。あれ?アレッサンドロの所に戻っているよ。街守れよ!
 Bパートはカイン登場。美系だが眠そうな顔をしている。建物を吹き飛ばすようなものすごい攻撃を繰り出すが、メアリーには効かない。ケホケホ言ってるがピンピンしてる。強いぞ、メアリー!
 エステルはエレベーターのセキュリティを簡単にクリア。やっぱり大物らしい。王族か?
 ディートリッヒが装置を動かしているところにアベルがやって来る。アベル、この前は返り討ちにされてセスに助けてもらったが、遂にディートリッヒに勝利。
 更にカイン登場。カインは役に立たないディートリッヒを瞬殺。アベルはカインを攻撃するがエステルが目に入って攻撃を止めてしまう。逆にカインに胸を貫かれてしまう。え!、死んじゃうの?装置も作動したままだったな。
 あんまり死んだ人間が生き返る話って好きじゃないけど、どういう風に話を持っていくのだろう。主役が死んだままって事はないだろうし・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ARIA 第2話

 アリア最高!もう保存決定。ていうか殿堂入り以上決定だ~。

 アクア・アルタで街は水に浸かっている。だから街の人達もほとんどお休み。灯里はアリシアに頼まれてアリア社長のご飯を買いに出かける。いつもと違う日だからいつもと違うことをする。てなわけで歩いてお店に行くことに。それって滅茶危険だと思ったのは俺だけか。道が水没していて歩くのも不便だし。でもアリア社長が乗ったゴンドラを引っ張って歩いている姿は微笑ましい。見ていて幸せな気分になる。
 歩いているうちに雨が降り出して雨宿りをすることに。雨宿りしたのが姫屋の前だったので、藍華の家に招かれる。
 姫屋の姫社長は綺麗なグレーの猫。アリア社長もかわいいが、姫社長が隣にいると変な生き物みたいに見えてしまう。アリア社長がゴハンによだれを垂らしたので姫社長は全部ゴハンをあげてしまう。アリア社長、親切にしてもらったと勘違いしているぞ。半分だけ食べて返すが断られてショックを受ける。
 寛いでいると藍華の先輩、晃(CV皆川純子)がやって来る。皆川純子は少年役ばっかりだけどタカビーな女性役もはまるな。アリシアを悪く言われた藍華は晃と口論。アリアカンパニーに入ると言って家出する。
 アリアカンパニーに泊まった次の日、晃が迎えに来る。晃とアリシアは幼馴染らしいが、要領がいいアリシアのことをライバル視している。晃、デフォルメになると怪物みたいになるな~。
 晃は藍華に好きにしたければレースで灯里に勝てと言う。勝負は・・・全然しないで回り道しながらゴールに戻ってくる。口ではアリシア、アリシアと言っている藍華だが、本気でぶつかってくる晃のことを尊敬している。で仲直りの為にくるみパンを買って帰る。
 
 でも帰ったら特訓だけど。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年10月13日 (木)

フルメタルパニック THE Second Raid 第12話

 これって全13話だったのか。24話のつもりで録画してたよ。情報誌とか読んでないとこういう時困るな。
 宗介はガウルンに再会。憎まれっ子、世にはばかるとは言ったものだ。さすがに健康体ではなく死を覚悟しているようだが。まあそのせいか、よく喋る。ウィスパードでも個体差があるらしい。やっぱりテッサは兄貴より出来が悪いのかな?コンプレックス持ってたし。
 ガウルンは宗介にかなめを殺したと嘘を言って挑発。もろに引っかかった宗介はガウルンを殺害。今度こそ死んだよな、さすがに。
 道連れが欲しいと言っていた通り、爆弾が仕掛けてあったが何とか宗介は回避。
 テッサはアーバレストを出すかどうかでマデューカスと口論になるが、いままでの宗介を行動を信じろと言って納得させる。
 でもまだ宗介精神状態が最悪みたいなんだけど・・・大丈夫か、最終回?風呂敷畳めるのかよ!
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年10月12日 (水)

ぱにぽにだっしゅ 第15話

 一条さんとくるみがデュエットを始めたからもしやと思ったが、ルレルレ復活!久し振りだ。話はなぜか1-Cの乗ったバスが、崖に引っかかっているところから始まる。みんな各々バランスを取るのに必死だ。特に姫子は太陽パワーやマホ力などいろいろな力学に気を使っているらしい(姫子超理論によると)
 そもそも何故こんな状況になったかというと、バスジャック犯を一条さんが取り押さえて6号さんに『お手柄女子高生、明日の三面記事は貰ったぞof the yearです』(長いな~)と褒めてもらった後、いろいろあったかららしい。(ダンプカーにスーパーマリオ、スペースインベーダー、ゼビウス、ギャラクシャン、パロディウス、グラディウスの世界を追い回されたから。もうワケが分からん!)
 宇宙艦長は規則違反で捕まって破綻寸前の銀河国民年金が貰えなくなったら困るから、自助努力でなんとかしてくれとのこと。
 そうこうする内に姫子、海に転落。しかしわざわざ自力でバスに戻ってくる。助けも呼ばずに帰ってきた姫子をベッキーが責める。で、姫子はもう一回行ってくると海に飛び込もうとする。ついでに今度は蛸を取ってくるらしい。(アレって終太郎のタコだよな~足が8本無かったし。了子が飼っている桜に足を食われたのか?)
 ベッキーが6号に姫子を取り押さえさせて、ひとまず膠着状態。(でも何故か百合。)
 
 呼んだロボウサもまったく役に立たず、都のおデコで集めた光で火災を起こるが、またまた一条の活躍で消火。
 玲がこれは全部ドッキリと言ったことで撤収しようとしてバスが墜落、とまあ滅茶苦茶な話だった。
 EDのトランプの絵札とタロットカードの柄が変わった。見ていて楽しい。凝ってるな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リリカルなのはA‘s 第2話

 今回も戦闘がメインの話。闇の書の守護騎士ヴォルケンリッターの残りの仲間が参戦。シグナムのレヴァンティンがカッコいい。FF8のスコールのリボルバーを思い出させる。シャマルの武器は攻撃力がないと書いてあったが、なのはのスターライトブレーカーを止めた「腕だけ転送」は強力な攻撃だと思うんだけど。
 なのは、怪我を治してもらって戦闘復帰も2連敗。それはそうとシャマルは結界の中で携帯電話をかけてたみたいだが電波届くのか?
 クロノは今回も現場に来ない。しかし闇の書を確認してやる気になったみたいだ。次回の戦闘に注目だ!

 来週はフェイトをすずかとアリサに紹介の巻。アルフは小さくなってアリサに再会みたい。そりゃ前作で温泉で人間形態で喧嘩したからしゃーないか。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2005年10月11日 (火)

舞-乙HIME 第1話

 主役はモコナモドキもドッキドキーの菊池美香か。落ち着きのない話になりそうだな~
 OPは前作の方がいいな。聞いているうちに慣れるかもしれないが、前回は初めからインパクトがあった。EDは前作とかなり曲の雰囲気が違うので比べようがないが、まあなかなかだと思う。(前作は鳥肌が立つぐらい良かったけど)
 中原麻衣がやっぱりいない。OPの映像で炎に包まれた、それっぽい人影があったけど。能登真美子も出てこないのかな?
 第1話を見たが、専門用語(ガルデローベとか)が多くて何言っているかあんま分からなかった。公式ホームページhttp://www.my-zhime.net/を見てやっと分かった。普通に「学園」と言ってくれたらいいのに。
 登場人物は結構引き継いでいるが性格は前作と違う人(マシロとか)もいるな。シズルは今回も茶飲んで京言葉。百合属性も引き継いでいるのかな?ホームページ見たら趣味で後輩を可愛がっていると書いてあるが。
 1話を見た限りでは評価はちょっとできないな~。良いとも悪いともいえない。続編というわけでもないので、登場人物を一新した方が良かったかも。
 
 俺は前作の舞-HIMEがかなり好きだった(最終回があまりにも酷かったので2段階評価を下げた。みんな生き返ってラスボスを倒すというのは酷すぎる!せめてラスボスを倒したら願いが適うにして欲しかった。)今回はそんなことがなければいいが・・・

 どうでもいいが「乙」が「Ζ」(ゼーター)にしか見えない。

| | コメント (0)

ダ・カーポsecond season 第15話

 頼子、ではなく美咲は、いつも知らない間に隣のブランコに座っていてアイシアの相談に乗っている。しかも全てお見通し。幸せを壊したくないから小鳥は告白しないと。
 納得がいかないアイシアは小鳥に嘘を言ってご飯を作りに来てもらう。台所の道具の配置が変わっていてショックを受ける小鳥。で、冷蔵庫を開けてアイシアの嘘がばれる。小鳥かわいそう。
 Bパートでもそれを引きずっていて一人だけ祭りに行かない。まあみんなそれぞれ別行動だけど。美晴はおこずかい全部ジャンボバナナくじに吸い取られるんだろうな。暦先生に音夢をとられた純一は、夜店である物を見つけたことで、小鳥を祭りに誘うため家に行く。小鳥が部屋着のままで告ったらどうしようかと思ったがそれは回避。小鳥、すぐに着替えてくると言ったわりに、髪の毛が気合は入っているな!浴衣着るのも合わせたら30分ぐらいかかるぞ。
 告白しようとした小鳥、純一がプレゼントを渡すことでタイミングを失う。でプレゼントは・・・クリスタルの音符のブックエンドかな。
 結局小鳥は純一に告白しないことにしたらしい。けなげだな~。でもよく考えたら1stで小鳥は振られてたな。
 予告が水越萌だったので、又ほのぼの話に逆戻りかな?「芽生えた思い」とあったからたぶん違うとは思うけど。

 話は変わるが、最近本屋で女子高生がダ・カーポのコミックを大量に買っていた。女の子が買うようなジャンルではないと思っていたからちょっとびっくり。それとも兄弟にでも頼まれたのかな?実は女性にも大人気!とは思えないけど・・・
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年10月10日 (月)

へんな文章

 朝起きて自分のブログを確認したらBlog Petがワケが分からない文章を投稿していた。早速文章を削除。設定も変えて投稿できないようにする。やっぱり難しいな~

 ちなみにBlog Petが書いた文章の一部を紹介

 今回そんとかをヴェネチアすればよかった?
そん時鷹2号たちが起きるという話
今回の話
今回の話は水の星アクアの言葉にホロリなどしたよ♪
そん時、灯里(いや、この世界は非日常だが、ネットで会社とか好きとか後ろをヴェネチアしたかったの
?)

 
だめだこりゃ・・・ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Blog Petを飼う

 他の人のブログに行った時に時々目にするウサギや猫。それが何か分からなかったけど、最近お邪魔したヤンさんのブログhttp://obayan.air-nifty.com/tameiki/2005/10/blogpet_65f2.html
で正体が遂にわかった。Blog Petというものらしい。俺も早速、挑戦することに。
 しかし何を飼うか決まらない。ねずみ以外全ていいな~と悩んでしまう(ねずみを飼っている人ゴメンナサイ) ようやく犬に決めてとりあえず登録。その後背景を考えた。始めは写真を使ってみたが、イマイチしっくりこない。てなワケでヤンさんの記事を参考にして,俺も「絵・と・せとら」さんhttp://memo.2004.lolipop.jp/?cid=14245のところで頂くことに。
 幾つか背景を貰ってきて納得いく背景を設定し終わったら3時間経っていた。でも自分のブログを確認して、動いているのを見たらなんかすごくうれしい。
 名前はJACK。動物のお医者さんに出てくるハスキー犬の名前から貰いました(シーザーとジャックどちらにしようか悩んだ。ちなみにチョビは選考に入っていない。かわいいけどね・・・) 
 
 最後にヤンさん、絵・と・せとらさん、有難うございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 9日 (日)

今日からマ王 第62話

 ボブとの決着がついた。やっぱり有利を試していたらしい。ボブに導かれて鏡の水底ゲット。で日本から真魔国に帰ることに。空港でギュンターは女の子に取り囲まれる。どうやらスーパーモデルとして知らない間にデビューしてたらしい。てっきりギュンターはホモ雑誌に出てるオチだと思ったよ!いや~ギュンターがいるとなごむな~
 ママンに大量のおみやげ物を箱に入れて持って帰るようコンラッドは言われるが「それはちょっと・・」とやんわり拒否。て、みやげ物、箱に入りきらないほどほり込んでるよ!
 
来週はコッヒーと有利の対決らしい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おねがいマイメロディ 第28話

 お天気お姉さんに会いたいが為に、メロディタクトのパワーアップを口実に人間界にやって来た王様。その気持ちすごく分かる。それはそうと、マリーランドの金庫はいい加減な暗証番号の入力でも開くようになっているらしい。
 一方人間界、お天気お姉さん雨宮晴香の天気予報は絶対に当たらない。放送局の人間も視聴者がそれを見越して行動していると思い込んでいる。男は甘いな~。当然同性には評判が悪い。抗議の電話がかかりまくり、お姉さんは今度天気予報がはずれたらお天気予報を辞めると宣言する。それを聞いて柊がクロミに指令を出す。柊も雨宮晴香ファンかよ!
 
早速クロミがお天気お姉さんをトラ柄ミニスカお姉さんに変身させる。お姉さん、天気を当てるのではなく、自分で天気を決定するという反則で調子乗りまくり。マイメロが魔法で対抗するが、パワーアップしたクロミの悪夢魔法に敵わない。その間も王様は晴香お姉さんに抱きつきまくり。
 パワーアップの秘伝書を忘れた王様の代わりに王妃様が届けに来た。でパワーアップの秘伝書の内容「お願いにもっとをつけるべし。」 しょぼい内容だな~
 マイメロのもっとおねがいのおかげでお天気お姉さんも元通り。ハリネズミ君がみんなの記憶を消して一件落着。
 マリーランドへの帰り道は王妃様によるお仕置きタイム。王様と大臣電撃でヒーヒーいわされる。王妃様がクロミやっつけたらいいのに。

 柊はやっぱり天気予報見てる・・・

| | コメント (0) | トラックバック (3)

BLOOD+ 第1話

 タランティーノが好きそうな設定だな~と思いながら見ていたが・・・面白い。相変わらずこの時間帯にするようなアニメではないが(ガンダムSEEDほどエロでもグロでもないけど)、期待以上の出来だ。とにかく絵が綺麗。(沖縄の空の青、でもこれからは夜ばっかりかな)話のテンポもよかった。キャラクターにもかなり好印象を受けた。
 なんかピッチで見たような声優が出てきたたので調べてみたらhttp://www.hirose-project.com/profile_eri.html、星羅か。OPも歌って一人だけ飛び抜けてうまいのがいたけど、歌手が声優していると思っていた。絵もうまいと書いてあったので見たら(喜多村英梨の部屋)http://www.hirose-project.com/erino_heya_title.html、うまいわ、たしかに。
 この時間帯のアニメにはずっと裏切られ続けてきたけど(俺はSEEDだけではなく鋼の錬金術師もだめだった。原作は神だと思っているがアニメは鬱過ぎて5話もたずに打ち切り)、今回は大いに期待できそう。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

絶対少年 第20話

 希紗、壊れまくり。ものすごいクマを作って『誰もいません。帰ってください」を繰り返している。話の進展はあまり無く、関係者同士の接触(須河原と歩、理絵蔵と絵描き、美佳と正樹)がメインだった。
 このアニメの特徴はすごいアングルで絵を描いていることだが、今日もいかんなく発揮されていた。NHKはTV東京よりあまいな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 7日 (金)

ケロロ軍曹 第79話

 運動会の季節なので冬樹は気が重い。更に桃華のせいでリレーのアンカーになってしまい、仕方なく練習することに。くじけそうになった冬樹にギロロ曰く、「一等になることが全てじゃないだろ。お前にとって重要なのは、苦手な事に立ち向かっていく勇気だ」 やられキャラのギロロ、いい事言うな。この言葉で甦った冬樹は気合を入れて練習に励む。
 運動会当日。桃華も冬樹をホーメーションHで応援する。「ガソバレ 冬樹んく」 惜しい!もう少しだったのに。
 ピンチになるがギロロの言葉を思い出して最後まで諦めずゴールまで走りきった。みごと1等賞。おめでとう!

 今年の赤組の応援ボードはシャア専用ズゴック「負けるワケがない!!」・・・。

 Bパートはギロロと猫。猫に驚かされたせいで夏美の写真を風にさらわれたギロロ。すっかり腑抜けになる。責任を感じた猫は代わりの写真をギロロに渡そうとがんばる。例の如く『僕らはみんな生きている銃」で変身して夏美の部屋を漁るが見つからない。ポラロイドで何とか夏美の写真を撮って、しょぼくれたギロロにプレゼントという話。

 変身の時に猫にガンプラをぶっ壊され、更に夏美の部屋を滅茶苦茶にして怒られケロロは踏んだり蹴ったりの1日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ARIA 第1話

 こういうポワワーンとした話大好き!日常(いや、この世界は非日常だが)のなかで、小さな事件が起きるという話。
 今回の話は水の星アクアの観光都市「ネオ・ヴェネチア」でウンディーネを目指す灯里(葉月絵里乃)が、アクアに悪い印象しか持っていないアイ(水橋かおり)という少女に街を案内するというもの。途中、藍華(斉藤千和)と合流し、じゃがバタ食べてたらアリア社長(猫、頭が良いらしい)が川に流されてしまう。後ろ漕ぎで助けに行くが、なかなか助けられない。そん時、灯里の会社のすごい先輩アリシア(大原さやか)がアリア社長を助けてくれる。アイがアクアを嫌いなったのは彼女の姉が自慢ばかりしたからということだが、自分が好きな人に好きなものを伝えたかったのではという灯里の言葉にホロリとさせられた。
 
 心温まるストーリーだな~

 公式ホームページhttp://www.ariacompany.net/index2.htmで早速壁紙をもらう。
 ストーリーを見ると「優しくてちょっぴり切ない物語」と書いてある。えっ、ほのぼの系じゃないの?

| | コメント (2) | トラックバック (3)

SHUFFLE! 第12話

 カレハに女の子と一緒にいる所を見られると妄想の餌食になる。今回は稟と亜紗。川原でどんなことをしていると想像したのだろう、カレハ先輩。
 プリムラが倒れた。彼女はユグドラシル計画によって生み出された人工生命体だった。人間でも魔族でも神族でもないプリムラが、どうすれば直るかは誰にも分からない。魔界で調べるしかないと言われプリムラに魔界に帰るよう説得してと言われる稟。稟の説得に折れてプリムラは魔界に帰る。早く迎えに行ってやれ稟。お前が行かないとプリムラは帰ってこれないぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

いちごましまろ 第9話

  美羽、焼き芋をするために木を切り倒そうとする。伸恵は焼き芋屋で買ってきて軽く美羽をスルー。一番小さい芋しかもらえなかった美羽は千佳を「ふとし」と呼んで挑発する。気になった千佳は体重計に乗ってショックを受ける。その後も美羽は千佳を煽り続けてアナが持ってきたケーキなどを奪っていく。こんなお隣さんは嫌だな~。どっか引っ越してくれって感じだな~。千佳も千佳だ。成長期に体重増えるのは当たり前だろ。でも女の子は小学生のから体重を気にするらしいしな~仕方ないか。脂肪細胞は赤ちゃんの時と思春期の時に数が決まると言うし。 
 伸恵が千佳に体重が増えた理由を教えて上げて一件落着、と思ったら伸恵の体重が増えていた。

 レイ・ルイスのダンス見損ねた。レイブンスの試合があったの忘れてたよ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トリニティブラッド 第21話

 ゲットーでアレッサンドロの捜索を始めたAXのメンバー達。そのころエステルとはぐれたアレッサンドロはメトセラ達に出会う。みんな顔が細くない人ばかりなのでアベルより、なんか親近感わくな~。しかもみんないい人たちな上に悟りの境地に入っている。それに比べてアレッサンドロは見ていて情けなすぎ。
 レオンはネバーランドの子供達に出会う。ウェンディ久し振り~。んでマスクの変な奴らに襲われる。鐘がないとウェンディ弱いのか。レオンが助ける羽目に。エステルはまたディートリッヒに遭遇。エステルは希望の星らしい。3話から引っ張ってきた星って何だろう?それにしてもディートリッヒって死んでなかったんだね。前にセスにやられたと思ったけど、あれはラデュウに乗り移っていただけだったのか?それとも遠隔操作か?
 ロケットが出てきたけど、言われなかったらわかんなかった。ラピュタに出てくる王宮かなんかと思ったよ。

 メトセラの子供役で中原麻衣が出ていたけど、なんか久し振り。ちょっと前まで主役級で出ていたのに、最近はめっきり声を聞かなくなった。はっぴぃセブンで出ているのを除けば後はミルモでポンぐらいか?はっぴぃセブンは見てるが主役とは違うみたいだし、前期のアニメでも見なかった。役を貰えなくなったのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 6日 (木)

フルメタルパニック The Second Raid 第11話

 OPを除いて今回も鬱入っている。突っ込みどころは無いが、テッサと宗介の苦悩が描かれていてそれなりに重要な回だ。
 街をさまよう宗介にかなめ激似の女が声をかける。彼女が最近付き合っていた男も宗介に似てるらしい。お互い縁があるな~。しかしかなめを思い出して踏み止まる。散々罵られるがまあしょうがないわな。
 テッサはアーバレスト抜きでM9をベノムにぶつけることになり、叔父に食い下がるがどうしようにもならない。2,3人死ぬな、これは。
 次回は暗号を辿って誰かに遭遇?ガウルンか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぱにぽにだっしゅ 第14話

 またルレルレではなく、姫子版黄色いバカンス。人気無いのか、ルレルレ?俺は大好きなんだけど?黄色いバカンスやるなら、くるみ版のルレルレ聞かせてくれよ!あの地味と噂のを。
 学食が閉まって当分お弁当を持参しなければいけなくなったベッキー。お姉ちゃんがまともに弁当を作ってくれないことに気付き、玲に頼むが断られる。くるみの軽薄兄、修に頼んだらあっさりOK。ぜんぜん軽薄じゃないし、むしろメチャいい奴!早速朝から仕込みに入るが狸が厨房に吊るされている。都、食べる気満々。6号曰く、『都さんは世界残酷物語of the yearです」。でもお前も食べる気満々やん。どの口が言ってるんだ!意外だったのが玲。この前天然記念物を捌いたのに、狸を食わないとは!
 いい天気でまどろんでいる修を玲がそそのかした為、修はエスケープ。今回も「かしら、かしら」ならおもろかったのに。修はやっぱり軽薄。
 玲に頼み込むが、またも断られる。ベッキーは自分で作る羽目に。悪戦苦闘しているベッキーを見かねて玲が作ってくれる。最初からやってくれたらいいのにと言うベッキーに、それでは意味がないと言う。なんだいい話じゃないか。感動したよ。しかし一条がとんでもない調理器(武器)を持ち込んで最後の晩餐がオチ。
 
 EDが変わっていた。タロットカードとトランプの柄がかわいい。曲はあまり印象に残らなかったな~。ベッキーはともかく玲だけ特別扱いされていた。もしかしたら来週は最後のタロットの札が変わるかもしれないが。

 諜報部003の柚子の属性は百合らしい・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 5日 (水)

リリカルなのはA´s 第1話

 リリカルなのはの続編。フェイトはまだ裁判が終わっていないらしい。でもバルディッシュの携帯が許されている。甘いな~。新キャラの八神はやては性格よさそう。ちなみにCVは関西弁の植田佳奈。このアニメのチビッ子は皆良い子ばかりだな~と思っていたら、ヴィータという子はいきなりなのはに攻撃。それからドンパチが始まる。キャラデザインはなんか一昔前みたいだが、戦闘シーンはかなりカッコいい。なのは、前作同様今回も初戦敗退でフェイトが助けに来る。いいのかよ!ていうかクロノが来いよ。役人はすぐ楽しようとするな~と思いつつ視聴終了。OPの水城奈々の曲がしょぼかった。EDはまあまあかな。前作の曲がよかっただけに残念。前作は最終回のエンディングだけハードディスクに残してるぐらいだ。(ちなみに全部残せなかったのはニニンがシノブを優先させたため。くそ!)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Canvas2 第1話

 視聴打ち切りにしたかったのに、予想に反して面白い。やはり角川らしく「おにいちゃん」と「りぼん」が出てきた。この時点で打ち切りにする気がまんまんだった。しかし思ったよりいい設定みたいだ。主人公上倉浩樹は研修生で美術を教えているが、いとこのエリスという少女がその学校にやって来た。彼女は絵が天才的にうまいのだが、小さいときに両親を事故で亡くしそのときのショックで赤い色に対して恐怖を覚えるため、赤色が使えないというハンデを持つ。と、まあこんな感じで話が始まるようだ。
 声優もかなり豪華だ。ゲームが原作な割にはすごいな~。SHUFFLE!よりよほど豪華だ。(SHUFFLE!は神王と魔王が豪華だが)
 この後リリカルなのは、ぱにぽにがあるのでつらいな。明日はMLB地区シリーズもあるのに・・・

 それはそうとエンディングがすごいな。おかげで歌の記憶がまったくないよ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年10月 4日 (火)

ダ・カーポsecond season 第14話

 内容は1stに比べてあまり面白くないが、つい見てしまうダ・カーポ。このままズルズルと保存してしまう気がする・・・
 1stは後ろに声優の紹介があったので迷わず録画を消したら、だんだん面白くなって後悔したが、今は逆だな。2st始まったころは、てっきり音夢が死んでことりがヒロインになったものだと思ったが(みんな音夢の話題を避けてたから・・)、やっぱり音夢がヒロインか。EDクレジットの2番目だし。希望としてはことりとくっ付いて欲しいのだが。アイシアの力で幸せにしてやってくれ。無理か?
 今回は水着回。それに尽きる。眞子が邪魔しなかったらドロドロの3角関係に突入できたかもしれないのに、みんな純一が好きという事でお茶を濁された。

 それにしても角川関係のキャラはリボンしているのが多いな~。リボンを着けるより、いろんな服を着させて女の子らしさを強調させて欲しい。ダ・カーポはマシだが着たきりスズメじゃかわいそうだ。

 それからGyaoという無料テレビでダ・カーポ1stをやっている。
 アドレスはこちら http://www.gyao.jp/anime/
 

 
 追伸  カウンターが100を超えました。どうもです。またいらしてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月 3日 (月)

すごいもの見た

 ココフラッシュをふらふら見ていたら、「あずまんが」という文字を見たので行ってみたら、Flashであずまんが大王のOPを作っていた。一度見に行ってください。凄過ぎです。いや、もうびっくり。http://blog.so-net.ne.jp/blr/azu_op  

 

 ちなみに俺はコミックスもDVDも持っている・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

wowowとBS-i

 ローゼンメイデン・トロイメントとSHUFFLE!が、カブるかも。WOWOWしょっちゅう時間ずれるからなー。デジタルレコーダー1個しかないのに。ローゼンメイデン地上波まで待とうかな。アナログでもサイズ同じなら録画してもいいけど~。ああ、でもかりんを優先させるか。
 これで駄作なら目も当てられないな~

 
 追伸 それから今まで見た上位のアニメをプロフィールに入れときました。よかったら見てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来週の土曜日は地獄かも・・

 朝は絶対少年と今日から魔王、夕方はBLOOd+とツバサ・クロニクル、深夜から地獄少女とSoul Takerと灼眼のシャナとクラスターエッジとカレイドスコープ。ちょっと多すぎ。
 去年はMBSのニニンがシノブとテレビ大阪の月詠とリリカルなのはがカブって、結局シノブをとって後悔したからな~。イカレたOPの猫ミミモードの方が面白かった。今はレコーダーが2台あるから大丈夫だけど。Soul Takerはwowowで見たけどもう一回見たいしなー。2本ほど駄作なら逆に助かるな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 2日 (日)

おねがいマイメロディ 第27話

 クロミ初勝利!うる星やつらのランちゃんとラムちゃんの関係で、やられキャラのクロミがとうとうマイメロに勝利した。柊が黒音符のバイオリンを最後まで弾くことができなかったからメロディキーの力が中途半端だと思ったが、ちゃんとパワーアップしてたみたい。一方マイメロはショックを受けて鬱入っている。マイメロは今まで挫折したことが無いエリートだったんだな。クロミじゃなくてもむかつくかも。
 話は影の薄い有働がメロディキーの力で柊に変身して柊劇場を展開するというもの。相手の力を利用する合気道のはずなのに、なぜか最後はムキムキになって不良軍団を殲滅。次いでマイメロの出したガッツマンも一蹴、という運び。
 
 真菜はマッチョスキー・・

| | コメント (0)

今日からマ王 第61話

 さすがは有ちゃんのママン、浜のジェニファー。スイスで見事なおのぼりさんぶりだ。しかもパパンと二人でバッカプルもこなしている。ギュンターはニューヨークでゲイ雑誌に載りそうな写真とっているし。しかも新たな境地に入ろうとしている。
 スイスでボブの事務所を見たときの有利の想像が最高だった。魔王城はバナナボート完備でないといけないらしい。ギュンターがエネルギー供給のため、必死に自転車こいでるのがすごいリアルだ。
 ガンダムSEED DESTINYの後に見たら面白さが際立つな。こっちでさえEDクレジットで視聴者のお便り流さないぞ(ザクザクキャンペーンを見たときは体中の力が抜けた)。まあ予告の後にすごいコーナーがあるが・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 1日 (土)

ガンダムSEED DESTINY 最終回

 はっきり言えばこのアニメはあまり好きではない。登場人物が嫌いなわけではないし声優が嫌いなわけではないし作画が嫌いなわけでもない。話の設定も悪くは無いと思う。それなのに面白くないからだ。
 理由を挙げていくと、①バンクが多い②回想シーンが多い③誰が主人公かわからない(今日は結構シンがんばったけど、やっぱりクレジットの3番目だった)④キラ、アスラン、ムウ等が普通死んだであろう爆発で生きている(それで生きてるならフレイだって生きてるだろ!サウスパークのケニーかお前らは!)⑤戦闘シーンに臨場感がない。特にキラと雑魚キャラとの戦闘は酷く、相手がキラにやられるまで静止していることが多い(まあ「無駄無駄無駄~」「貧弱貧弱~」といいながらザ・ワールドを使っているなら納得できるが)⑥安易に昔のガンダムのモビルスーツや台詞ををパクる(俺はファンネルのバリアーに腹が立った。逆襲のシャアのνガンダム好きなのに、名作とは程遠いこのアニメに使われたから。なんか汚された気分だ)。俺はこれくらいかな。他の人はもっとあるのではないだろうか。

 しかし今回の最終回に関しては結構見れた。やっぱり使い回しのシーンもあったが、キラ×レイ、アスラン×シンに決着を付けさせ、ギルを倒し、レイにけじめをつけさせ、タリアと心中させた。正直ギルを今日中に倒せるとは思って無かったよ。戦闘シーンもそこそこ見れた。人によってはエンディングで後日談とかやって欲しいかもしれないが、俺は別に無くても気にしない人なんで。 でもちょっと短い感じはあるから3部作にするつもりなのかな。福田夫妻をつかうなら、あまりやって欲しくないが・・・

 総評としては5段階評価で星1個だな。さよなら絶望先生にネタ(アス×カガ派とかイザ×ディアとディア×イザどちらがいいかとか)を提供してくれたからいっか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絶対少年 第19話

 昼にカウンターを見たら2桁に乗っていた。うれしいな~。3桁目指してがんばろう~。
 前回ドッシルとシッシンを見せてくれた歩を信用してブンちゃんを見せたのに、ぶっ壊された希紗。壊れてるだろなーと思ったが、想像してたよりまともだった(ドアに頭ぶつけてたけど)。それにしてもこのアニメ、伏線貼られまくり。しかも1回見ただけでは伏線貼られていることにさえ気付かない。後ろで流されている曲もまったりとしていて効果音とか無いからな~。それともここに来てくれている人は気付いてる?俺は最近ハードディスクに録った1話から4話まで見直したけど、大量に伏線があることに気付かされたよ。
 希紗は一生懸命ブンちゃんを再生させようとがんばっているが直らない。と思ったらブンちゃんが作るのを手伝ってくれた「翼の生えた魚」がなんか光っているし。久しぶりに登場の麻子さんがストリートアートを見ていたら「翼の生えた魚」の絵を発見、それを追っていったらまた何か知ってそうなルンペンの人に再会するし。そういえばOPの最後の方の映像でも「翼の生えた魚」がいたな。
 ここまで複雑に話が絡み合っていて風呂敷たためるなら監督と脚本凄過ぎ。ガンダムSEED DESITNYは話が破綻しまくってるから、福田夫妻の代わりに作って上げたら~。あ、でも系統違いすぎるか?ふたつのスピカとかのまったり系の監督だし。
 見始めてから数話はいつ視聴打ち切りにしようかと考えていたけど、いつのまにかはまってしまった絶対少年。ラストに向かってがんばれ!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケロロ軍曹 第78話

 懐かしいキャラすももちゃんがでてきた。このキャラ、原作ではちと違う。原作ではパンピーだった。しかし本当にセリフが少ないな~。
 それから新キャラ宇宙IPジェシカ・ハーピィ登場。CV篠原恵美さん。ダメ絶対音感レベルが低くても、この人の声はすぐわかる。上品なお姉さん声だから。井上喜久子とか大原さやかとかは、時々きつい声もあてるけど(キディグレードのアールブやダフネの本城レナとか)この人はあまりないような気がする。
 まあ話はヴァイパー(遠い親戚)がケロロに化けて、冬樹に宝の地図の暗号を解かせようとする。それを見破ったジェシカがケロロ達とヴァイパー(遠い親戚)を捕まえるために先回りしようと宝探しをするというもの。しかし11親等の姻族って親戚て呼ぶのかなー?
 ケロロも百式に純金で金メッキをするためにがんばるのだが、トロンクワガンとかいう宇宙人の金は地球の大気に触れると溶けてしまってくたびれもうけ。どつかれさん。

 最後はジェシカがきれいにまとめておわり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »