トップページ | 2005年10月 »

2005年9月30日 (金)

SHUFFLE ! 第11話

   今回は麻弓=タイムと紅薔薇撫子(すげ~名前だな)の話。今までR15というほどのものでもなかったけど、この話はそれなりだった。
 補習が終わって急いで学校から帰ろうとする麻弓。で、出会い頭に稟にぶつかりお約束どおりにパンツを見られる。しかし何の反応も示さなかった稟への復讐がズボンのチャックを下ろすというのはどういうこと?変な女だ。何をしているのかと聞かれ、麻弓が「お医者さんごっこ」と答えるのがその後の伏線になる。それから喫茶店に行くまでずっとスカートからパンツが見えてたぞ。ワカメちゃんかお前は?
 一緒に泳ごうとシア達に誘われるが水着がないと断る麻弓にネリネが水着を貸してくれるという。しかしどうみてもサイズが違うので皆がかわいそうな目で麻弓を見る。平均より胸が小さいということは数が少ないということだから売り手市場と言った時、プリムラが冷たい目で見たのが同情を更に誘う。

 しかし麻弓の不幸はこんなもんではすまない。パフェを食べたが財布が無くてカレハの喫茶店で強制労働させられる。しかもミニスカのフリフリの衣装で。気合を入れて真っ裸になった時パンツをどっかに失くしてしまって、その後は想像通り・・・気の毒すぎる。

 Bパートは紅薔薇先生。あずまんが大王やぱにぽにの先生はアレな先生ばかりだが、この先生はかなりまとも。相談に来た生徒にとてもいいことを言う。変な男(緑葉も含めて)に言い寄られてばかりいるが、がんばれ!紅薔薇先生。あなたならきっといい男みつかるよ!
 稟と廊下で出会って、麻弓と何かあったのかと聞いた紅薔薇先生にプリムラが「お医者さんごっこしてた」と言ったのが笑わせてくれた。
 
 最後は麻弓の銭湯で麻弓と撫子が一緒にお風呂に入って話は終了。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

いちごましまろ 第8話

 今回は美羽の授業テロから始まる。先生我慢強いな。絶対伸恵がいつもやるように張り倒すと思ったのに。
 みんなで浴衣を着て夏祭りに行こうとするがアナが浴衣を持っていないらしい。当然の如く伸恵は美羽から浴衣を奪い取りアナに着せる。でも美羽もお古の浴衣を着せてもらい夏祭りに出発。
 伸恵は茉莉やアナに貢いであえなく散財。美羽は行く先々であらゆる人に迷惑をかけるというお決まりのパターン。でもいい話だった。かな?

| | コメント (0)

トリニティブラッド 第20話

 男はこのアニメ嫌いなのかな~。俺もエステル以外のキャラの顔がやたら細長いのに慣れるのには苦労したけど。でも音楽はOP,ED,挿入歌(サイバーな曲も穏やかな曲)もいいし、作画も常に綺麗でストーリーも俺は結構好きなんだけどな~。耽美な雰囲気も悪くない。
 RAMに保存しないことにしたのは失敗だったかも。しかし第1話だったか教皇を見て、このアニメはカッコばかりで内容が無いときめつけてしまった。こんな奴が教皇なんてありえね~と。勿体無いことをした・・

 今回はしょっぱなから新たな美形キャラ、マンチェスター伯ヴァージル・ウォルシュ登場。メトセラかな~と思ったらやっぱりそうだった。なんかネガティブな人で静かに暮らしたいのでほっといてみたいな事を言っている。よく言えば争いを好まない、悪く言えばヒッキーか。この人は善人なのかな?ビジュアル系美形耽美キャラが出てくると、なんか企んでいると疑ってしまう。オルデンがそうだし。

 話は教皇とエステルが案内されたゲットーでバンパイアの反乱が起き、アベル達が救出に向かうという展開。それはそうとアレッサンドロ死んでくれないかなー。今日もうざかった。
 でも教皇が死んだら話が広がりすぎて、風呂敷がたためなくなるから無いか。

 次回はブラザーペテロと愉快な仲間達が活躍するみたい。乞うご期待!

| | コメント (0)

2005年9月29日 (木)

ぱにぽにだっしゅ 第13話

 オープニングがルレルレではなく、暦じゃなかった玲バージョンの黄色いバカンス。一条さんのルレルレ気に入ってるのになー。そういえばルレルレの発売日だと思うけど、2ちゃんねるの、ぱにぽにのスレ見に行ったら売り切れの店が多いと嘆いてたな。その他名古屋のアニメイトの場所がわからないと言っている奴に、みんなが道案内しているのがほほえましかった。(デブについて行けという酷いのもあったが・・)

 今回の話で一番笑ったのが、かしらかしらご存知かしらの影絵なつかしいな~。しかしウテナってどんな話だったっけ?印象に残っているのは、①ヤオイ、百合、両刀、シスコン、ブラコン、ロリというバラエティにとんだ人間関係、ちょっとしたことで決闘が申し込まれてデュエル(カードバトルではない)が始まる、それと③かしらかしらご存知かしら~なんだけど・・

 声優のチェックのためにエンディングを見ようとしたら無かったので録画失敗したと思ってちょっとびびった。実際は話の真ん中ぐらいに千和がやる気の無い声で歌っていたのだけど。
 それにしても番長連合てなんだ?連合を作るために闘って負けたらその時点で番長じゃなくなるような気がするんだけど?それとも話し合いで連合を作ることにしたのか?それって目茶苦茶、番長らしくないんだけど・・

 まあ話は一条さんの忍法?と鈴音の悪い子はお仕置きチョップでヒロスケたちをやっつけて、最後はベッキーの巨大ロボ(ファミコン完備)のトマホーク(実際は使ってないけど)で巨大番長を倒して一件落着。ただし芹沢はバズーカで吹っ飛ばされ、くるみはせっかくはっちゃけたのに相手にされず割りを食っている。合掌

| | コメント (0)

フルメタルパニック The Second Raid 第10話

 ここんとこずっと話が暗いが内容は面白い。香港で夏玉芳が乗ったASが暴れまくっているのでなんとかして~ということで宗介やメッリサが派遣された。そこでマオ姐さんの海兵隊入隊の経緯が明かされた。親父にハーバード出のボンボンと結婚させられそうになったから、いやがらせで結婚式を脱け出しウエディングドレスのまま入隊手続きをしたらしい。
 親父の叫びが聞こえてきそうだ。「そこまでするか、ふつう!」 まあ、マオ姐さんはふつうじゃないからそれもOK。会社勤めなんか想像つかないし。

 それにしても宗介は前回同様腑抜けたまま。ダナンから他に2人香港に来ていて偵察活動しているけど、とばっちり受けて死ぬような気がする。今回アーバレストで来てないし。

 次回はマオ姐さんに使えないと言われた宗介が香港の町を彷徨うらしい。

| | コメント (0)

ご挨拶

 初めてのブログ作成なので緊張しています。はじめまして。鷹2号です。まったくの初心者なのでなかなか更新もままならないと思いますが、とりあえず好きなアニメについての感想を書こうと思っています。今後ともどうかよろしくお願いします

| | コメント (0)

トップページ | 2005年10月 »